タイトルを見て、「誰も知らない」とか「誰も守ってくれない」なんて映画が頭に浮かんだ記事があった。

読んでみると映画の話ではなく、会社依存症のまま定年を迎えてしまった人々の苦悩が、これでもかとばかりに語られるせつない内容だった。

私にとってはまったくの他人事だったけど。



【スポンサード リンク】


2017071901


定年の日を境に起こる「誰も名前を呼んでくれない」
私にとって一番印象的だったのは、誰からも名前を呼ばれないことだった。どこにも勤めず、無所属の時間を過ごしていると、自分の名前が全く呼ばれない。社内では、「〇〇さん」、「〇〇調査役」などと当然のごとく声をかけてくれた。それがいかにありがたいことだったかは退職して分かった。(中略)退職した年末に、病院で順番が来た時に看護婦さんに「〇〇さん、次が診察ですのでこちらでお待ちください」と声をかけられたのが唯一だった。これは笑い話ではなくて本当だ。
(ダイヤモンド・オンライン 2017/7/19)

定年退職したあとに起こる、さまざまエピソードを取り上げたこの記事。

定年まで働く、定年後も働きたい、という人が大多数の日本においては、共感の嵐が吹き荒れる話なんだろう。

ひとつひとつ挙げているとキリがないので割愛するが、私には「へー、そんなことで悩むんだ」としか思えないものばかり。

だって、名前を呼ばれないぐらいでブルーになるんなら、私なんかどうすんのよ。

全身青づくめのブルーマンになってしまうわ。



そうは言っても、仕事を辞めて失った肩書きや信用、社会とのつながりというのは、セミリタ系ブログでもよく出てくるテーマだ。

セミリタイアしたり、したいと思っている人でさえ気になるのだから、そうでない人にとっては相当深刻な問題に違いない。

会社中心の人生を送ってきた人が、会社から離れて生きていくというのは、冬にコートを脱がされて、裸にされちゃうようなものなのかな。

自分でちゃんとヒートテックの肌着でも着ていればいいんだけど、何の準備もしていないと、寒くて風邪ひいちゃうよね。



記事には、「仕事も同僚もスケジュールもすべてなくなる」という話も出てくる。

私には、「自由って最高!フー!」なんだけど、「だからセミリタイアは理解されないのか」でも書いたとおり、日本には自由よりも拘束を求める人の方が多いらしい。

自分の人生を会社任せにしていたら、それなしでは生きていくのは、確かに困難だろう。

子供の自転車から、いきなり補助輪を外しちゃうようなもんだから。

そりゃ、転ぶでしょ。ケガもするでしょ。血も出るでしょ。痛いでしょ。


でも、それは最初だけ。

自転車は補助輪なしで走るのが当たり前。

だから、必死で練習するのだ。

そうして二輪走行ができるようになると、もう補助輪つきなんて考えられなくなる。

「危ないから補助輪つけますか?」なんて提案しても、「そんなもんいるか!邪魔くさい」となるに決まっている。


会社も同じだと思うんだけどな。

自分の人生を自分でコントロールするのが当たり前なのに、それができないというのは、補助輪に頼りすぎなのだ。

でも、日本における会社って、補助輪どころか自動運転の車みたいなもんで、あまり考えなくても安全に目的地までたどり着くことが可能。

目的地そのものさえ、勝手に決めてくれるからね。

それが普通になってしまっているから、いざそれがなくなると、危なっかしいハンドルさばきになってしまうのだ。



そもそも、人生は一度きり。

しかもそれは、いつ急に終わってしまうかもしれない。

なのに、自動運転や補助輪に頼って生きていくなんて、もったいない。

自分の生き方は自分で決めたい。

誰にも制限されずに、好きなことを好きなだけしたい。

そう思って私はセミリタイアした。


私が朝から晩まで運転しているのは、すっかり中古のマニュアル車だ。

自動運転機能もなければ、ナビだってついていない。

日々のメンテナンスを怠ると、すぐに故障してしまう。

でも、ハンドルをしっかり握り、自在にギアチェンジして、アクセルとブレーキを巧みに踏んでいると、「自分で運転してる!」と実感できるのだ。

行き先だってもちろん自分で決めるし、どこを通って行ってもOK!

そうじゃないと満喫できないでしょ、人生って。

私は人生を満喫したいのよ。



無名のドライバーなんだから、「名前を呼んでくれない」のは当たり前のこと。

別にいいじゃない、気楽でさ。


自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる
自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる濱田大輔

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

人気ブログランキング