以前、「無料の電話相談やってます。時間はあるので…」という記事で、元部下のことを書いた。

頻度はそう多くないものの、彼女からは今でも電話がかかってくる。

今日のテーマは、最近のお悩み相談から。



【スポンサード リンク】


2017071301


彼女の悩みの大半は、アドラーが指摘する通り、家庭や職場の人間関係が原因。

特に職場の様子は、私も知っているのだが、これがまあひどい。

女性が多いのだが、そのイヤなところをギュギュッと凝縮したようなところなのだ。


妬みやっかみ嫉みが嵐のように渦を巻き、黙って立っているだけで、四方八方から攻撃を受ける。

お局的存在が幅を利かし、ちょっとでも刃向おうものなら、あっという間に切り刻まれる。

上司は保身のことしか考えていない小物で、困っている部下を助けようともしない。

その上、びっくりするほどの薄給なのだから、正直働いている意味がわからない。

かように過酷な環境で、自己実現しようと孤軍奮闘している元部下なので、私も応援したくなるのだ。



そんな彼女が、先日の電話でこぼしていたのは、「他人との距離感がわからない」

オープンな性格の人だと思って親しくしていたら、どうでもいい話をかたくなに秘密にされて困惑したり。

面倒くさい人なので、トラブルを避けるために愛想よくしていたら、やたらとからんでこられて迷惑だったり。

あまり親しくもない人なのに、突然なんでも明け透けに話されて、どう対応したらいいか迷ったり。

「どういう距離感を持って接したらいいか全然わかりません!」というのだ。


こういうとき、「相手の立場に立って考えれば、おのずとわかる」なんてアドバイスがよさそうだけど、彼女の場合、他人の気持ちがわからないような人間ではない。

逆に考え過ぎて、ああでもないこうでもないと悶々とするタイプだ。

そういう性格の人に対して、私のようなお気楽人間が、目の覚めるような解決策を提示できるはずがない。

だからと言って、「大変だねー、でも頑張れよ」なんて答えで流したりした日には、「真面目に考えてください!」と怒られるのがオチだ。

なので、すっかりゆるゆるな灰色の脳細胞を駆使して、なんとかお役に立とうとがんばってみた。



私の場合、こういうことで悩んだことがないのだが、それはきっと、距離感なるものを考えて行動したことがないから。

私自身パーソナルスペースが広く、基本的に他人との距離を置きたい方なので、自分から相手に近づくことがあまりない。

それでも同じ職場にいれば、自然と人間関係はできていくし、その中から好ましい人とは親しくなり、好ましくない人からは離れていっただけ。

誰からも好かれるなんて不可能だし、そんなことしても疲れるだけだから、それでよかったのよね。


彼女の場合、誰からも嫌われたくないという気持ちが強いようで、そうなると他人との距離感が気になるのも当然だろう。

その結果、他人の言動に振り回されたり、気をつかいすぎて袋小路に迷い込んだりするのだ。

なので私は、

「自分とまったく同じ距離感の人なんて、この世には存在しない。
違っていて当たり前なんだから、当たり前なんだと思って受け流しなさい」


と、アドバイスしてみた。



この数年間、実は何度も、同じような話を彼女にしている。

その結果、少しずつだけど、「自分が正しいと思うことは、たとえ他人とぶつかったり、陰口を叩かれたりしても、自信を持って行動すればいいんだ」という考えに変わってきたみたい。

まだまだへなちょこで、ときどき鼻っ柱をへし折られて電話をしてくるんだけど、そのたびに「あなたは間違ってないんだから自信を持て」と、精一杯応援してきたのだ。

アドラー研究家の岸見先生ほど、ズバッと明快な具体策は提示できないんだけど、私なりにお役に立てたらいいな、と思って。

頑張り屋の元部下には、ぜひとも幸せになってほしいのでね。


嫌われる勇気
嫌われる勇気岸見 一郎,古賀 史健

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング