セミリタイアすると失うものの代表格、それは肩書き

このブログでも、「無職になると肩書きで困る?」という記事で、「そんなのなくても困んないし」と言い張ったことがある。

ところが昨日、「よく考えたら肩書き結構あったわ」と思わされる記事に出会った。



【スポンサード リンク】


2017053001


堀江貴文氏「多動力こそが最も重要な能力だ」 「1つの仕事をコツコツと」では負け組になる
「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。(中略)
この「多動力」。かつては、マイナスでしかなかったかもしれない。「多動力」を仕事に生かす場面は少なく、おかしな人だと思われていたはずである。しかし、これからの時代は「多動力」こそが最も必要な能力だ。
(東洋経済ONLINE 2017/5/29)

出所後も、いろんな分野で精力的に活動しているホリエモン

彼ならではの主張に興味のある方は、上記の記事を読んでもらうとして、私がひっかかったのは次の部分だ。

僕の活動や肩書きを思いつくままに列挙するだけでも

「実業家×コンサルタント×プログラマー×作家×コメンテーター×クイズタレント×エンターテインメント・プロデューサー×ロケット開発者×飲食店プロデューサー×マンガ事業×オンラインサロン主宰者×アプリプロデューサー×予防医療普及協会×Jリーグアドバイザー×大阪万博特別顧問×映画プロデューサー×服役経験者×……」

など、数え切れないほどある。
(同上)

「数え切れないほどある」と言うけど、数えてみたら17個あった。

「数えられたじゃん!」と言うのもなんだけど、それでもやはり17個はすごいね。

私がサラリーマン時代に名刺に載せていたのは、会社名と所属名と役職名だけだもの。

それさえもセミリタイアしたら失ってしまったわけだが、果たして本当に何もかもなくなってしまったのだろうか?

考えてみたら、そんなことはないことに気づいたのだ。



ここでホリエモンにならって、私の活動や肩書きを、思いつくままに列挙してみたい。

  1. 不動産賃貸業
  2. セミリタイアブロガー
  3. ファイナンシャル・プランナー
  4. 国内普通ライセンスドライバー
  5. スポーツボランティア
  6. シネマディクト
  7. 試写会あらし
  8. 映画エキストラ
  9. TVドラマウォッチャー
  10. 本の虫
  11. 裁判傍聴マニア
  12. 札幌移住提唱者
  13. ランパス愛好家
  14. ラーメン大好きっ子
  15. やきそば弁当評論家
  16. 重度の片頭痛持ち
  17. 多回数献血者
  18. レーシック経験者

あんまりやると個人が特定されかねないので、この辺にしておこう。

「それ、肩書きじゃねーだろ」というものも紛れ込んでいるが、ホリエモンだって「服役経験者」という非職業項目を含めているので、お許しいただきたい。



1番の「不動産賃貸業」は、職業欄に記入する必要に迫られたとき、堂々と書くことにしているもの。

実態は、「なんちゃって大家さん」なんだけどね。

もし逮捕されたら、「自称不動産賃貸業の男」と報道されて、怪しさ倍増すること間違いなしだ。


2番の時点ですでに職業ではなくなってしまったが、「セミリタイアブロガー」って、響きがカッコいいね。

雀の涙ほどのアフィリ収入もあるので、「これは職業だ!」と言い張れば、言い張れないこともないかも。


3番と4番は、ただの資格だ。

実際のところ、3番は知識を使う場面のない「なんちゃってFP」だし、4番は普通免許のこと。

しかも現在は車を持っていないから、完全にペーパードライバーだ。

たまにはレンタカーでも運転して、国内普通ライセンスの技術を磨いておこうかな。


5番の「スポーツボランティア」も、セミリタイアブロガーと同様横文字でカッコいいし、社会貢献している感じが秀逸だ。

でも実際は、今年の冬に2回やっただけの「なんちゃってボランティア」

また機会があったらやらせていただきますので、ご容赦ください。


6番から11番までは、肩書きというより、ただの趣味。

「普通の人より思いは強い」という自負があるので、つい入れてしまいました。


12番の「札幌移住提唱者」は、この街でセミリタイア生活を送っている者として、「札幌をアピールしたい」という気持ちがあるので。

先日の「札幌の魅力アンケート」で、その想いはますます強くなっております。


13番から15番までは、北海道のおいしいもの好きな性格を表したもの。

ランパスラーメンやき弁で、私の食生活の7割は語れます。

ほかにも、ジンギスカンとか、回転寿司とか、ホンコンやきそばなんかが候補に上ったけど、キリがないので入れませんでした。


16番から18番までは、健康面で肩書きにできそうなものを選んでみた。

片頭痛献血レーシックも経験としては十分にあるので、求められればそれなりのコメントはできるはず。

本当は、「ダイエット求道者」なんてのも入れたかったけど、実績に乏しいのでやめました。



内容はともかく、ホリエモンを上回る18個の肩書きを挙げることができた。

ないと思っていたら、意外にあるじゃないの。

肩書きって、必ずしも職業じゃなきゃいけないってしばりはないものね。

あまり多すぎるのもどうかと思うけど、あればあっただけ、セミリタイア生活の幅も広がりそう。

この18個の肩書きをさらに究められるよう、精進していく次第です。

こんなTaoですが、これからもよろしくお願いします。


多動力 (NewsPicks Book)
多動力 (NewsPicks Book)堀江貴文

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング