明日28日は、3回目のプレミアムフライデー

そのままゴールデンウィークに突入する人もいることだろう。

9連休の人は、9.5連休になるのかな?



【スポンサード リンク】


2017042701


プレミアムフライデーのホームページには、こんな文章が掲げられている。

プレミアムフライデーとは
月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しみませんか?
仕事を早めに切り上げて、(中略)ちょっと遠くの街へ2.5日旅に出かけるのも素敵。

なんで、プレミアムチューズデーでも、プレミアムサーズデーでもなかったのか。

これはやはり、土日とくっつけて、少しでも長いお休み感を出したかったんだろうね。

この感覚は、理解できないでもない。

会社員時代にも、似たような光景をよく見てきたから。



私が勤めていた会社は、夏季休暇や年末年始休暇とは別に、一定期間内に有休を1日ずつ強制消化させる制度があった。

これだけ聞くと、「イイカイシャダナー」と思われるかもしれない。

しかし、この制度で取れる有休は、年間5日が上限。

病気以外の理由で、残った有休を使う人は皆無だったので、「ないよりはマシ」レベルの方策だった。


大体、全員業務多忙を極める職場で、有休なんてなかなか取れるものではない。

この強制的な制度があるので、無理やりスケジュールを調整して、なんとか取得していたというのが実情だ。

そんな中、休みの希望が集中するのは、やっぱり金曜日

「みんな、3連休にしたいんだなあ」と思ったものだ。

「有休取るなら何曜日?」と訊かれたら、日本のサラリーマンの大半は、金曜日を選ぶのだろう。

そういう意味において、プレミアムフライデーは間違ってはいない。



でも私は、みんなと違っていたのよね。

私が有休を取るのは、木曜日と相場が決まっていた。

これには、確固たる理由がある。

それは、少しでも明るく楽しい一週間にしたかったから。


月曜から金曜まで働きづめの場合、「明日は休みだ」と明るい気持ちになれるのは金曜日だけ

たとえ金曜に有休を取っても、その気持ちは木曜日に移行するだけだ。

これがもし、木曜有休だったらどうだろう?

「明日は休みだ」と思える日が、水曜日と金曜日の2日に増えるのだ。

これって、ちょっとうれしくない?



木曜有休の効果はそれだけではない。

金曜有休を控えた前の週の日曜夜は、「明日から4日も働かなきゃいかんのか」というサザエさん症候群に襲われる。

これが木曜有休だと、「とりあえず3日がんばれば、また休みだ」へと、劇的に変化するのだ。


「でも木曜にもサザエさん的現象が起こったら、憂鬱な夜が1日増えるじゃないか」という意見もあるかもしれない。

しかし、ご心配無用。

確かに木曜の夜には、「明日も仕事か…」となるかもしれないが、「でも明日がんばれば、また休みだ」と思えるので、日曜の夜ほどつらくないのだ。



これらを表にまとめると、次のとおりとなる。

曜日有休なし金曜有休木曜有休
サザエさん
(レベル:5
サザエさん
(レベル:4
サザエさん
(レベル:3
しんどいしんどいしんどい
しんどいしんどいしんどい
しんどいしんどい明日は休みだ
しんどい明日は休みだサザエさん
(レベル:1
明日は休みだ明日は休みだ明日は休みだ
明日は休みだ明日は休みだ明日は休みだ

この表を元に、金曜有休と木曜有休を比べてみよう。

「しんどい」と感じる日が、金曜有休には3日あるのに対し、木曜有休には2日しかない。

サザエさん症候群も、レベルを合計するとどちらも4だが、分散されている分、木曜有休の方が負荷は少ない

木曜夜の憂鬱なんて、実際ないようなものだ。

いかに木曜有休がすぐれているか、これではっきりしただろう。



念のため、他のパターンについても考察しておく。
  • 月曜有休…金曜有休と同じ。
  • 火曜有休…火曜の1日休みのあと3日働くよりは、土日の2日休みのあと3日働く方が耐えやすい。
  • 水曜有休…木曜有休は水曜からウキウキ気分が長く続くが、水曜有休だと木曜に一度分断されてしまう。
やっぱり、木曜一択だな。



できるだけ長く休みを取るよりも、一週間をいかに快適に過ごすかの方が、私にとっては重要。

旅行のような、長い休みを必要とする趣味もなかったしね。

そのため、金曜休みを希望する人にはどんどんゆずって、私はゆうゆうと木曜に有休を取っていた。

なので、このプレミアムフライデーも、私にはピンと来ない。

そもそも金曜日は花金なんだから、早く帰りたい人は早く帰るでしょ?

だったら、プレミアムサーズデーにすればいいのに。



…と、プレミアムエブリデーな能天気男が、好き勝手なことをほざいてしまいました。

お呼びでないようなので、ここらでドロンさせていただきます。


懐かしきバブル時代! (TJMOOK ふくろうBOOKS)
懐かしきバブル時代! (TJMOOK ふくろうBOOKS)

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング