月イチ定例ネタの、電気代報告記事。

昨年の1月は28,600円で、これはセミリタイア後の最高記録だ。

さて、今年の1月はどうだったかというと…



【スポンサード リンク】


2016050701


19,000円!

昨年の1月より、なんと9,600円もダウンした。

2ヶ月続けての昨年比大幅マイナスに、びっくりするやらうれしいやら。



過去半年間と、昨年1月の使用電力の内訳はこちら。

20172016
1月12月11月10月9月8月1月
昼間
(kWh)
278205198197206209253
夜間
(kWh)
5795436741751731691,321
合計
(kWh)
8577488723723793781,574
使用
日数
35日29日31日30日30日32日35日
1日
あたり
(kWh)
24.525.828.112.412.611.845.0
請求額19,000円15,700円17,200円10,700円10,900円10,900円28,600円

昨年1月と使用日数が同じなので比較しやすい。

蓄熱式暖房機頼みだった冬の暖房対策を、今年はエアコン併用に方針転換したため、昼間の電力使用量は若干増えている。

しかし、夜間のそれが半分以下に減ったおかげで、トータルで2万円の大台を割る結果となった。

夜間帯が終わる直前2時間は、毎朝エアコンをフル稼働して、日中の寒さに備えているんだけど、それでもこの程度とは。

やっぱり、今のエアコンって省エネなんだなあ。

そしてやっぱり、蓄熱式暖房機って電力食うんだなあ。



さて、去年の2月の電気代は21,600円だった。

寒さは相変わらずなので、1日あたりの使用量は変わらないのだが、使用日数が7日ほど減るはず。

なので今年の2月も、12月並みの15,000円台を予想している。


いっそ、蓄熱式暖房機使うの、やめてみようかな。

そうしたら、さらに安くなるような気がする。

でも、まったく使わないというのも、ちょっと勇気がいるんだよなあ。

うーん、どうしよう…。

えーい、やめちゃえ!


ということで、今まさに、蓄熱式暖房機のブレーカーを切ってきた。

今日からエアコン1本で、この冬を乗り切るぞ。

さて、どうなることやら。


家庭の省エネエキスパート検定―検定公式テキスト
家庭の省エネエキスパート検定―検定公式テキスト家庭の省エネエキスパート検定運営委員会

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング