観た映画をレビューする記事の第46弾。

今回も、最近観たの5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


cinema

<試写会で鑑賞>

CUTIE HONEY -TEARS-(2016)


永井豪の名作漫画を、架空の未来社会という設定で作り直したSFアクション。

金持ちが住む上層と貧乏人が住む下層に分かれた街で、われらが如月ハニーが、世界を支配する邪悪なAIに戦いを挑む。

ハニーに扮した西内まりやはキュートだし、アクションにはキレがあるし、90分で終わるのでテンポも悪くないのだが、ひとことで言うとこの映画、全然「キューティーハニー」じゃない。

艶笑的な要素がゼロだと、いくら基本的な設定だけそろえても、あの名作キャラを名のる必要性が感じられないのだ。

そこに目をつむれば、西内や石田ニコルのスーパーモデルなオーラを楽しめるかも。

BELIEVE(スマプラ対応)(★CUTIE HONEY -TEARS-盤★)
BELIEVE(スマプラ対応)(★CUTIE HONEY -TEARS-盤★)西内まりや

Amazonで詳しく見る


<劇場で鑑賞>

聲の形(2016)


聴覚障害を持つ少女と、彼女をいじめた少年の関係を描く大今良時のベストセラー・コミックスを、京都アニメーションが映像化した青春アニメ。

いじめが行き過ぎて逆にいじめの対象となった将也は、いじめた硝子と高校生になって再会し、止まっていた人生の歯車が動き出す。

あんなひどいいじめをするクソガキは、どんな目に遭っても自業自得だと思うし、いつか相手がそれを許してくれるなんて、いじめた側の都合のいい考えだと思う。

それでも、本作に出てくる若者たちのもがき苦しむ姿を見ていると、やはり胸を締めつけられた。

感情を激しく揺さぶるジェットコースターのような映画で、フラフラになりながら行き着いたラストには、素直に涙が出てきた。

映画 聲の形 オリジナル・サウンドトラック a shape of light[形態A]
映画 聲の形 オリジナル・サウンドトラック a shape of light[形態A]牛尾憲輔

Amazonで詳しく見る


君の名は。(2016)


驚異の大ヒットを続けている、新海誠監督による青春SFアニメ。

田舎の女子高生・三葉と、東京の男子高生・瀧の体が不定期で入れ替わり、ふたりはスマホのメモでやりとりを始める。

「ああ、よくある『転校生』パターンね」と早合点したが、実はひねりが効いていて、後半の怒涛の展開にすっかり身を乗り出して観てしまった。

お話はよくできているし、感情移入もしやすいし、さすが新海監督なのだが、残念なのは大事な場面に大音響で流れまくるRADWIMPSの歌入り音楽だ。

ミュージッククリップ的な演出は、若い人には受けるんだろうけど、私はおじさんなので、ただただうるさくて邪魔なだけだった。

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド新海 誠,東宝,コミックス・ウェーブ・フィルム,角川書店

Amazonで詳しく見る


<自宅で鑑賞>

リディック ギャラクシー・バトル(2013)


ヴィン・ディーゼルとデヴィッド・トゥーヒー監督がタッグを組んだ、壮大なSFアクションシリーズの第3弾。

王座を追放された主人公リディックが、荒廃した惑星から脱出するために、呼び寄せた賞金稼ぎたちと死闘を繰り広げる。

大風呂敷広げっぱなしだった前作の続きだし、副題も大層すごいので、大味な作品を覚悟していたが、実は地味に面白かった1作目への先祖がえりという珍しいパターン。

「ピッチ・ブラック」のダーク・ヒーローぶりにしびれたクチなので、同じテイストの本作も熱くなって観ることができた。

こうなるとさらに続編が観たくなるのだが、次はまた「リディック」のようなスケールの話になってしまいそうで不安だわ。

リディック:ギャラクシー・バトル(字幕版)
リディック:ギャラクシー・バトル(字幕版)ビン・ディーゼル,ジョルディ・モリャ,マット・ネイブル,ケイティー・サッコフ,デイヴ・バウティスタ,デヴィッド・トゥーヒー

Amazonで詳しく見る


危険な関係(1978)


宝塚版1988年フリアーズ版に続き、新藤兼人脚本、藤田敏八監督による1978年日活ロマンポルノ版を鑑賞。

さぞかし濡れ場の多い作品かと思いきや、脚本がよくできていて、そういうシーンになってもストーリー上何の違和感もなかった。

西洋人のいやらしい騙しあいの物語を、日本人のドロドロした性の物語にうまく置き換えていて、これはロマンポルノ向きだと確信させられた。

ただひとつだけ、今だったら絶対に描けないだろうというとんでもないシーンがぶっこまれていて、アゴがはずれそうなほど驚愕した。

ロマンポルノを観るのは初めてだったけど、本当に面白くて、勉強不足を痛感した次第だ。

日活ロマンポルノ全史―名作・名優・名監督たち
日活ロマンポルノ全史―名作・名優・名監督たち松島 利行

Amazonで詳しく見る


この5本を加えると、今年観た映画は170本になった。

目標の300本まで、あと130本だ!

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング