私が観た映画をレビューする記事の第43弾。

今回も、最近観た の5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)

【スポンサード リンク】


cinema

<試写会で鑑賞>


グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016)


マジシャンチーム「フォー・ホースメン」の新たな活躍を描く、クライム・サスペンスの第2弾。

紅一点のメラニーが降りた以外、前作の出演者がほぼ全員再登場して、さらに大きなスケールのマジックショーを見せる。

ニューヨークからマカオへの瞬間移動はネタが読めたし、クライマックスのネタは意外に普通で、私の想像の方が上だった。

なので、マジックとしてはそう驚かないし、前作ほどの衝撃もないのだが、最後の大団円を観て、2つ合わせてひとつの映画なのだと感じた。

前作を観た人だけを相手にしているので、こちらだけ先に観るのは絶対にお勧めしません。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック
グランド・イリュージョン 見破られたトリックブライアン・タイラー

Amazonで詳しく見る


<自宅で鑑賞>


グランド・イリュージョン(2013)


試写会での続編鑑賞を前に、録画してあった第1作を観た。

犯罪スレスレ(ていうか犯罪)の大マジックで一世を風靡する4人のマジシャンチーム「フォー・ホースメン」と、彼らを追うFBI捜査官との攻防を描くクライム・サスペンス。

ベガスにいながらパリの銀行の地下金庫を襲ったり、観客の預金残高を次々と増やしたり、映画ならではの壮大なトリックは、観ていて単純に面白い。

4人の目的が明らかになるクライマックスまでは、普通の娯楽映画として楽しませてもらった。

しかし、あのラストはまったく読めず、この手の映画でひさしぶりに完全に騙された。これはすごいわ。

グランド・イリュージョン (字幕版)
グランド・イリュージョン (字幕版)ジェシー・アイゼンバーグ,マーク・ラファロ,マイケル・ケイン,モーガン・フリーマン,ウディ・ハレルソン,エド・ソロモン,ボアズ・イェーキン,エドワード・リコート,アレックス・カーツマン,ロベルト・オーチー,ボビー・コーエン,ルイ・レテリエ

Amazonで詳しく見る


X-MEN フューチャー&パスト(2014)


さまざまな特殊能力を持つミュータントが活躍する、マーベル人気シリーズ新3部作の2作目。

ミュータント殲滅が目的のロボット・センチネルによって壊滅寸前の世界を救うべく、X-MENたちはことの発端となった1973年に、ウルヴァリンの意識を飛ばす。

タイムトラベルと歴史改変の要素が加わり、緊迫したストーリーが展開する中で、新旧メンバーがほぼ全員顔を出し、新3部作というよりシリーズの総決算的な作品になっている。

ラストに謎の面子が出てきたが、あれが現在公開中の「アポカリプス」に関係あるんだろうな。

まだ観ていないので、早く劇場に行かなくちゃ。

X-Men: フューチャー&パスト (字幕版)
X-Men: フューチャー&パスト (字幕版)ジェニファー・ローレンス,エレン・ペイジ,ジェームズ・マカヴォイ,ハル・ベリー,ヒュー・ジャックマン,ブライアン・シンガー

Amazonで詳しく見る


ナショナル・セキュリティ(2003)


元警官の白人と警官志望の黒人が巨悪に立ち向かう、刑事アクションコメディ。

相棒を殺された元警官のハンクは、自分が有罪判決を受けた元凶の黒人アールとなぜかコンビを組んで、相棒殺しの犯罪集団を追いつめる。

アールに扮したマーティン・ローレンスが、いつもの口八丁で笑いを取るのだが、彼のせいで落ちぶれたハンクがかわいそうすぎて、まったく笑えないどころか、逆に腹立たしかった。

名脇役のコルム・フィオールや、「コマンドー」が懐かしいビル・デューク、アカデミー賞ノミネート歴のあるエリック・ロバーツも出てくるのに、彼らにふさわしい見せ場もなく残念な限り。

タイトルから、もっと壮大なアクションを予想していたのだが、まさかアレのこととはね。

ナショナル・セキュリティ (字幕版)
ナショナル・セキュリティ (字幕版)Martin Lawrence,Steve Zahn,Colm Feore,Bill Duke,Eric Roberts,Bobby Newmyer,Scott Strauss,Jeff Silver,Dennis Dugan

Amazonで詳しく見る


ズートピア(2016)


肉食も草食も関係なく平和に暮らす動物たちの楽園ズートピアで、ウサギ初の警官となったジュディの活躍を描く、ファンタジーアニメ。

連続行方不明事件を捜査することになったジュディは、キツネの詐欺師ニックとともに、ズートピアに隠された巨大な秘密に迫っていく。

夢をあきらめないとか、他人を信用するなどのディズニーらしいポジティブメッセージに加え、本作には差別や偏見という社会問題も描いている。

ズートピアの舞台設定も動物たちのキャラもよくできていて、108分とディズニーにしては長めなのに、終わるのが惜しいくらい。

ジュディの活躍をもっと観たいので、ぜひパート2を作ってください。

ズートピア (吹替版)
ズートピア (吹替版)上戸 彩,森川 智之,三宅 健太,竹内 順子,高橋 茂雄(サバンナ),ジャレド ブッシュ,クラーク スペンサー,バイロン ハワード,リッチ ムーア

Amazonで詳しく見る



この5本を加えると、今年観た映画は155本になった。

目標の300本まで、あと145本だ!

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング