私が観た映画をレビューする記事の第42弾。

今回も、最近観た の5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)

【スポンサード リンク】


cinema

<試写会で鑑賞>


青空エール(2016)


野球一筋の男子高生と、それを応援するために吹奏楽部に入部した女子高生の恋愛を描いた、人気少女コミックの映画化。

こういう映画に共感する歳でもないので、期待せずに観たのだが、今時なチャラいキャラも出てこないストレートな青春もので、案外に楽しむことができた。

ずっと純粋な主役2人よりも、人間的に成長する脇の人たちの方が、観ていて面白かったけど。

んで、一番かわいかったのは、太鳳ちゃんの親友を演じた松井愛莉ね。

札幌が舞台なのに札幌ロケがほとんどなく、札幌の感じが全然出ていなかったのが、唯一残念なところか。

映画ノベライズ 青空エール (集英社オレンジ文庫)
映画ノベライズ 青空エール (集英社オレンジ文庫)下川香苗,河原和音,持地佑季子

Amazonで詳しく見る


<劇場で鑑賞>


シン・ゴジラ(2016)


終わったはずのシリーズが、庵野秀明の脚本・総監督によって復活。

これまでの怪獣SFストーリーとは根本的に異なり、ゴジラが今の東京に上陸したらどうなるかを徹底的に想定した、リアルなシミュレーション映画だった。

だから、「シン・ゴジラ」のシンは、新とか真とか神とか言われているけど、ここは単純にだと思うね。進むゴジラ。

全編CGのゴジラは迫力満点で、それに対する日本政府の対応や自衛隊の作戦は、現在の法制に問題提起をしながらも、日本人として応援せずにはいられない。

豪華キャストや懐しい音楽も相まって、予想を遙かに超えるエンタテインメント性の高い面白映画になっていた。

シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)
シン・ゴジラ【オリジナル・トートバッグ付き】 (e-MOOK)

Amazonで詳しく見る


<自宅で鑑賞>


スティーブ・ジョブズ(2015)


マイケル・ファスベンダーの熱演で、かの偉人の人物像に迫る、ダニー・ボイル監督作。

3回のプレゼンテーション直前の様子だけを切り取るという、挑戦的な手法で映画は成り立っている。

スタッフに無理難題を突きつけたり、娘の認知を迫る元恋人を冷たく突き離したり、ジョブズの他人への配慮のなさ加減は金メダル級。

こんな奴とは友人にはなりたくない、という私の認識は、この映画を観てさらに強まった。

でも映画としては面白かったし、ファスベンダーのカリスマぶりや、ケイト・ウィンスレットの優秀な秘書ぶりには、目を奪われっぱなしだった。

スティーブ・ジョブズ (字幕版)
スティーブ・ジョブズ (字幕版)マイケル・ファスベンダー,ケイト・ウィンスレット,セス・ローゲン,ジェフ・ダニエルズ,マイケル・スタールバーグ,アーロン・ソーキン,マーク・ゴードン,ガイモン・キャサディ,スコット・ルーディン,クリスチャン・コルソン,ダニー・ボイル

Amazonで詳しく見る

ポンペイ(2014)


火山の噴火により滅亡した都市ポンペイの最期を描く、ポール・W・S・アンダーソン監督による歴史スペクタクル映画。

とは言っても、奴隷グラディエイターとお嬢様のロマンスがメインで、史実に基づいた話という訳ではなさそう。

爆発するヴェスヴィオ火山、灰と噴石に襲われる街、逃げまどう人々と、クライマックスの迫力は見応えがある。

しかし、今この時代にこのテーマの映画を作る意味がよくわからず、あんまりのめりこめなかったのも事実。

個人的には、ヒロイン役の女優より、その侍女を演じたジェシカ・ルーカスの方がタイプだった。

ポンペイ(字幕版)
ポンペイ(字幕版)キット・ハリントン,エミリー・ブラウニング,キーファー・サザーランド,ポール・W.S・アンダーソン

Amazonで詳しく見る


巨神兵東京に現わる 劇場版(2012)


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映された、庵野秀明による企画もの短編。

ナウシカに出てきたあの巨神兵の攻撃を受けて、東京は火の海と化す。

監督を樋ロ真嗣が務め、劇中のナレーションは林原めぐみ、ナレーションの文章は舞城王太郎が担当するという異色のコラボだ。

ミニチュアやデジタル合成のみで、CGを一切使っていないというのも驚く。

これが「シン・ゴジラ」とリンクしているという噂を聞いたが、本当かしらん。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]緒方恵美,優希比呂,林原めぐみ,庵野秀明

Amazonで詳しく見る


この5本を加えると、今年観た映画は150本になった。

目標の300本まで、あと150本だ!

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング