今日、道内各地で、飲酒運転根絶のための決起大会が開催された。

なぜなら今日は、「飲酒運転根絶の日」だから。

【スポンサード リンク】


2016071301

北海道、飲酒運転根絶へ決起大会 条例制定後初の開催
北海道が制定した「飲酒運転根絶の日」の13日、札幌市中央区で道や道警などが主催する「飲酒運転をしない、させない、許さない」を徹底させる決起大会が開催され、高橋はるみ知事や道警の北村博文本部長ら約600人が参加した。
北海道では2014年7月に小樽市で4人が死傷する飲酒ひき逃げ事件、昨年6月にも砂川市で飲酒運転とされる乗用車が原因となり一家5人が死傷するなど深刻な事件が続発。道議会は昨年11月に「飲酒運転根絶条例」を可決し、小樽の事件が起きた7月13日を飲酒運転根絶の日に定めた。
(共同通信 2016/7/13)

今日の決起大会は、この「飲酒運転根絶条例」に基づいている。

これに合わせたかのように、飲酒運転関連の報道が続いているので、いくつか取り上げてみたい。

酒気帯び運転の弟子屈町議が辞職
道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された釧路管内弟子屈町議会議員鈴木繁容疑者(64)は12日、弟子屈町議会の八幡豊行議長に辞職願を提出し、同日の臨時町議会で許可された。辞職は12日付。
(どうしんウェブ 2016/7/13)
酒気帯び運転の小学教頭、停職6カ月 札幌市教委
札幌市教委は12日、出勤途中に酒気帯び運転をしたとして、市立上白石小の男性教頭(50)停職6カ月の懲戒処分にした。男性教頭は同日付で依願退職した。(中略)
市教委は学校職員の懲戒処分の基準を定めた内規で、事故を伴わない酒気帯び運転の場合は停職と規定。12日に開いた教育委員会会議で処分を正式決定した。
(どうしんウェブ 2016/7/13)
消防士を停職処分 釧路市消防本部
釧路市消防本部は30日、西消防署に所属する消防士(23)が5月に道交法違反(酒気帯び運転)で検挙されていたと発表した。29日付で停職3カ月の処分とした。
(毎日新聞 2016/7/1)

この3件はすべて、公務員が酒気帯び運転をやらかして捕まったものだ。

1件目の町議は自ら辞職したようだけど、これって普通に退職金が出るんじゃないの?

それで町民は納得するのかしら。

2件目の教頭も依願退職だから、退職金は普通に払われそう。

事故を起こさなかったから停職6ヶ月という規定も、激しくどうかと思う。

3件目の消防士にいたっては、なんと停職3ヶ月でみそぎ終了。

これは処分じゃなくて、ちょっと長めの休暇だろ。


飲酒運転を減らすためには厳罰化しかないと思っている私には、上記3件すべて甘くて甘くて食べられたもんじゃない。

しかし、世の流れはどうやら違うらしい。

こちらの記事を読むと、飲酒運転した公務員に対する懲戒免職処分が、緩和される方向に向かっているとのこと。

裁判所がそれを認めているんだから、これじゃあ飲酒運転なんて、いつまでたっても減るわけがないわ。


司法の感覚のズレを見せつけられたニュースを、もう一つ。

危険運転致死罪へ訴因変更請求 旭川の飲酒運転事故 旭川地検
旭川市内の国道で5月に飲酒運転の乗用車とワゴン車が正面衝突し、ワゴン車の同市内の小学校教員中島朱希さん(38)が死亡した事故で、旭川地検は8日、自動車運転処罰法違反(過失致死)などの罪で起訴した上川管内東川町の農業石崎勝彦被告(51)について、より刑罰の重い同法の危険運転致死罪に訴因変更するよう、旭川地裁に請求した。(中略)
旭川地検の海保一恵次席検事は「再度証拠関係を精査した結果、被告がアルコールの影響により、正常な運転が困難な状態にあったと立証できると判断した」と説明。訴因変更を求めた中島さんの夫康博さん(43)ら遺族への対応については「ご家族が不安を覚えたと聞いており、何らかの落ち度があった」と述べた。地検から同日、説明を受けた康博さんは「過失で済む話でない。市民感覚に基づいて起訴が行われるべきだ」と話した。
(どうしんウェブ 2016/7/9)

飲酒運転で人を殺した男を、ただの過失致死で起訴した旭川地検に対し、被害者遺族が「危険運転致死罪を適用しないのはおかしい」と異議を申し立てていた件だ。

ずっとニュースで報道されてきたので、「旭川地検は何を考えているんだ?」と憤慨した道民も多かったはず。

犯した罪にふさわしい刑罰を求めるのが検察の仕事なのに、こんな程度の認識しかないのでは、やはりいつまでたっても飲酒運転なんかなくならないわ。


ちょっとおかしいぞ北海道」にも書いたが、飲酒運転をなくすには、「こんな罰をくらうのは割に合わない」と思えるほどの厳罰化しかない。

私がそう考える理由は2つ。

ひとつめは、世の中には一定数の酒飲みドライバーがいて、そいつらにはいくらモラルを説いても無駄だから。

ふたつめは、シラフのときは道徳的でも、酒が入ると気が大きくなってしまい、「これくらいなら大丈夫だろう」と軽い気持ちでハンドルを握ってしまう人がいるから。

どんなにモラルがなかろうと、どんなに酔っぱらっていようと、考えるまでもなく飲酒運転を断念するほどの、とんでもない罰を用意しておけば、さすがにハンドルは握らないでしょ。

それでもバカをやらかした者は、自業自得なんだから、一生棒に振ればいい。

2年前の小樽の事件の加害者なんか、殺人罪を適用して、死刑を求刑してほしかったくらいだ。


あとは、運転席にアルコール感知システムを導入するぐらいしか方法はないんだけど、そもそも飲酒運転するような輩は、そんなハイテクカーには乗らないだろうし。

やっぱり、厳罰化しかないわ。

法律にかかわる方々の英断を期待したいが…。


東洋マーク クルマだからお酒を勧めない ステッカー 3364東洋マーク クルマだからお酒を勧めない ステッカー 3364


東洋マーク
売り上げランキング : 182399

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング