私が観た映画をレビューする記事の第39弾。

今回も、最近観た の5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)

【スポンサード リンク】


cinema

<劇場で鑑賞>


ロブスター(2015)


45日以内に結婚相手を見つけないと、動物にされてしまう施設に入所した男の顛末を描く、シュールな恋愛コメディ。

コリン・ファレル演じる主人公が、悪戦苦闘するも時間切れになって、希望していたロブスターになっちゃう話だろうと勝手に想像していたのだが、全然違いましたな。

不条理なルールに縛られた世界観と、こちらの予想をどんどん裏切っていく展開は驚きの連続で、2時間ずっと思考をフル回転させていた。

しかし、いろいろ考えてはみたものの、あのラストシーンの意味するところに確信は持てなかった。

公式サイトの「動物占い」をやってみたら、「ひとりが好きで、自分の流儀を持っている身内びいきで、初対面はとっつきにくい"マニアックなイヌ"」と出たのだが、それなら普通にねこでいいんじゃない?

ロブスター [Blu-ray]ロブスター [Blu-ray]
コリン・ファレル,レイチェル・ワイズ,ジェシカ・バーデン,オリビア・コールマン,アシュレー・ジェンセン,ヨルゴス・ランティモス

Happinet(SB)(D) 2016-10-04
売り上げランキング : 5418

Amazonで詳しく見る


孤独のススメ(2013)


妻を亡くし、息子とも疎遠になってしまった男が、不思議な男と同居生活を始めたことで人生の流れが変わっていくというオランダ映画。

タイトルからして自分向き!と期待していたのだが、孤独ライフ絶賛な話じゃ全然なかったので、これは釣り邦題をつけたアルバトロスが悪い。

配給会社の問題はさておき、意外なストーリー展開を見せる本作は、首をかしげるシーンがあちこちにあった。

しかし、物語の着地点にたどり着いてようやく、「そういう話だったのか」と納得させられた。

これは、「人はもっと自分の心の声に素直になっていいんだよ」という、普遍的なメッセージを持った映画だったのだ。

孤独のススメ [DVD]孤独のススメ [DVD]
トン・カス,ルネ・ファント・ホフ,ポーギー・フランセン,アリアーヌ・シュルター,ヘルマート・ウォウデンベルフ,ディーデリク・エビンゲ

Happinet 2016-11-02
売り上げランキング : 20738

Amazonで詳しく見る


帰ってきたヒトラー(2015)


死の直前にタイムスリップしたヒトラーが、21世紀のドイツで注目を集めるさまを描いた、ベストセラーSFの映画化。

聴衆を魅了するヒトラー節で、現代ドイツでも人気者になっていく展開は、笑えると同時に空恐ろしい。

あの大戦全体の主犯とも言える人物を主人公にしたコメディなんて、タブー中のタブーだと思うのだが、そこは観客側の理性を信頼しているのだろう。

ヒトラーが一般市民と接触する場面は、演出ではなくドッキリ的な撮影だったらしく、リアルなドイツ国民の反応が十人十色で、考えさせられるものがあった。

こちらの予想を見事に裏切ってくるクライマックスは、一見の価値があるね。

帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫)帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫)
ティムール・ヴェルメシュ,森内薫

河出書房新社
売り上げランキング : 340

Amazonで詳しく見る


エクス・マキナ(2015)


ヒューマンなSFに強い脚本家、アレックス・ガーランドの監督デビュー作。

IT企業の社長宅に招待された社員ケイレブが、開発途上の女性型ロボット、エヴァのチューリングテストを任される。

このエヴァを演じているのが、「リリーのすべて」でアカデミー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。

この映画の成功は、素晴らしい脚本と素晴らしい特殊効果に加えて、彼女の表情、しぐさ、せりふ回しが作り上げたエヴァの魅力によるところが大きい。

エヴァに心酔したケイレブが取った行動とその結末がもたらす余韻で、映画が終わっても、しばらく席を立てなかった。

Ex Machina (エクス・マキナ) [Blu-ray (ブルーレイ) + Digital HD] 英語 北米版Ex Machina (エクス・マキナ) [Blu-ray (ブルーレイ) + Digital HD] 英語 北米版
Domhnall Gleeson, Alicia Vikander, Chelsea Li, Corey Johnson Oscar Isaac

Lionsgate
売り上げランキング : 156835

Amazonで詳しく見る


<自宅で鑑賞>


太陽の季節(1956)


芥川賞を受賞した石原慎太郎の原作小説を、ほぼ忠実に映像化した青春映画。

自堕落な生活を送る高校生が、ナンパした少女とつきあいだすも、自分勝手な性格は変わらず、二人の関係はおかしくなっていく。

主人公の行動にまったく共感できるところがなく、批判が多いのもさもありなんだと感じた。

あの障子破りの場面も、原作どおりに映像化しないなら、意味がないんじゃないの?

ところで本作は、石原裕次郎のデビュー作でもあり、脇役ながら、昭和の大御所の長身イケメンな若者時代を拝むことができた。

日活100周年邦画クラシック GREAT20 太陽の季節 HDリマスター版 [DVD]日活100周年邦画クラシック GREAT20 太陽の季節 HDリマスター版 [DVD]
長門裕之,南田洋子,石原裕次郎,岡田真澄,古川卓巳

Happinet(SB)(D)
売り上げランキング : 92741

Amazonで詳しく見る


この5本を加えると、今年観た映画は135本になった。

目標の300本まで、あと165本だ!

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング