セミリタイアのご褒美として昨年2月に購入したネスカフェバリスタTAMA

同時に、バリスタ専用のゴールドブレンドを、いっぺんに12本まとめ買いした。

それを、ひと月1本のペースで消費して、およそ1年たった今年の春、ついに在庫切れとなった。

【スポンサード リンク】


お試しで買った「香味焙煎」のカートリッジでつないだのだが、それもすぐになくなった。

そこで補充しようと思い、ふと考えた。

専用カートリッジじゃなきゃダメなの?

そう考えた理由は2つ。


<専用カートリッジは高い>

ゴールドブレンド(110g)12本の価格は8,256円だったので、1本あたりは688円

一方、近所のスーパーで売っているインスタントコーヒーは、もっと安い。

少しでも食費を節約したいので、そっちでいいのなら、そうしたいところだ。


<違うメーカーのコーヒーも飲んでみたい>

1年間飲んできたゴールドブレンドだが、実はあまり好みの味ではなかった。

なので、全部飲みきったら違う味も試してみたかった。

しかし、他のネスカフェ純正商品は、どれもゴールドブレンドより高くて、どうも手を出しづらい。

できれば、他のメーカーのコーヒーを飲んでみたいと思っていた。


ところが、バリスタの取説には、「専用カートリッジ以外は死んでも使うな!」と書いてある。

「もし使って故障してもタダでは直してやらんぞ!」と。

同社の商品でも、「カートリッジ以外は御法度!」という徹底ぶりだ。

ここまで禁止されると、気の弱い私は、「はい、わかりました」と従うしかないような気がしてくる。


しかしネットで調べると、すでにたくさんの先人たちが、よそのメーカーのコーヒーを実際に試してくれていた。

じゃあ大丈夫なんじゃないの?ってことで、私もやってみることにした。


ここで注意すべきなのは、粒の大きなフリーズドライタイプを使うこと。

粉みたいなスプレードライタイプだと、溶ける時間が違うので、故障しやすいみたいだ。

そこで私が試したのは、これ。

maxim

近所のスーパーで540円だった、AGFの「マキシムアロマセレクト(135g)」(詰替用)だ。

100gあたりで比較すると、ゴールドブレンドが618円だったのに対して、こちらはなんと400円なので、3分の2以下のコスト圧縮となった。


あとは実際に詰め替えるだけなのだが、実はこれが難関。

専用カートリッジの場合は、先の尖った詰替口にあてがって、上からポンと押すだけだった。

逆に、それ以外の方法では、詰め替えがしづらい仕様になっているのだ。

barista01

わずかな隙間から注ぎ込もうとすると、時間がかかる上にこぼれそう。

裏の黒い部分を外して入れるのも、かなり面倒くさい。


そこで私は、空のカートリッジを再利用することにした。

そのために、最後に使った「香味焙煎」のカートリッジをとっておいたのだ。

barista02

これを逆さにして、詰替口にセットする。

barista03

カートリッジの底を、カッターでくりぬく。

barista04

そこに、「マキシムアロマセレクト」を注ぎ込む。

barista05

思惑どおり流れ込んでいくインスタントコーヒーにニンマリ。

barista06

全部入ったー!

135gだと、ちょうどいい感じに詰まったね。


あとは、いつもどおりの操作でコーヒーをいれてみた。

特に問題なく、一杯のコーヒーができあがった。

飲んでみると、当たり前だけど、ネスカフェとは違う味がする。

こっちの方が好みだなー。

よし、これからは他社製品もありだな。


※取説には、正しくは「バリスタ専用の『ネスカフェエコ&システムパック』以外のものを使用され、故障した場合、保証期間中であっても有料修理となります」と書いてあります。上記の方法を試す場合は、すべて自己責任にてお願いします。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング