私が観た映画をレビューする記事の第32弾。

今回も、最近観た の5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)

【スポンサード リンク】


2015113001

<試写会で鑑賞>

世界から猫が消えたなら(2016) official siteWikipediaallcinema

あと一日の余命を、世界から何かを消していくことで延ばそうとする若者を描いた川村元気のベストセラーを、函館を舞台に映像化。

今年1月に原作を読んだばかりなので、映画も楽しみにしていた。

原作の雰囲気をそのまま再現したタッチは好感が持てる一方で、アレやコレがなくなった世界の描き方は、原作を完全に超えている。

ただ、原作を読んだ時のインパクトが強かっただけに、映画の方は最後まで静かに観てしまった。

ねこのキャベツとレタスのかわいさは、実写の方が圧倒的に伝わってきたけどね。

映画『世界から猫が消えたなら』オフィシャルフォトブック (SHOGAKUKAN Visual MOOK)映画『世界から猫が消えたなら』オフィシャルフォトブック (SHOGAKUKAN Visual MOOK)
丸尾 和穂

小学館
売り上げランキング : 2469

Amazonで詳しく見る


64 前編(2016) official siteWikipediaallcinema

横山秀夫の代表作を、超豪華キャストが結集して、2部作で映画化。

7日間で終わった昭和64年の間に起きた少女誘拐殺人事件のその後を、当時捜査にたずさわった広報官を主人公に描いている。

ミステリーやサスペンスのメイン部分は後編にまわしたらしく、前編は中間管理職の奮闘と葛藤が中心で、さながら警察版高杉良か池井戸潤という感じ。

そこが横山ミステリーの真骨頂というのもわかっているのだが、最近の2部作ブームに否定的なもので、映画にするならバッサリカットして1本にまとめてもらってもよかった。

私も広報経験者なので言わせてもらうなら、あそこまで対立的で攻撃的な記者クラブにリアリティを感じなかったのも、残念なところだ。

映画「64-ロクヨン-前編/後編」オリジナル・サウンドトラック映画「64-ロクヨン-前編/後編」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック

SMD itaku (music)
売り上げランキング : 7506

Amazonで詳しく見る


<自宅で鑑賞>

アリスのままで(2014) official siteWikipediaallcinema

若年性アルツハイマー患者の演技が絶賛されたジュリアン・ムーアが、2014年のアカデミー主演女優賞をはじめ、各賞を総なめにした人間ドラマ。

単語や人の名前が出てこないなんてよくある話だけど、私も年齢的に彼女の恐怖が他人事とは思えず、ある意味ホラー映画よりも怖かった。

抗えない病気と闘う者への厳しくも温かい視線は、ALSを発症しながらも撮影に臨み、アカデミー賞受賞式後に亡くなったリチャード・グラツァー監督ならではものだろう。

消えゆく記憶に怯える主人公とともに、彼女を支える家族の存在にも心打たれた。

特に、母親に反発していた末娘の心の変化は涙なしには見られず、独り者の私にはうらやましさも感じてしまう映画だった。

アリスのままで [Blu-ray]アリスのままで [Blu-ray]
ジュリアン・ムーア,アレック・ボールドウィン,クリステン・スチュワート,ケイト・ボスワース,ハンター・パリッシュ,リチャード・グラッツァー,ウォッシュ・ウェストモアランド

ポニーキャニオン
売り上げランキング : 37544

Amazonで詳しく見る


ビザと美徳(1997) allcinema

昨年、唐沢寿明主演で長編映画にもなった杉原千畝を描いた、1997年のアカデミー短編賞受賞作。

本国からビザ発券中止を命令され、悩む杉原の前に現れた若きユダヤ人夫婦。

彼らとのやりとりによって、迷いを断ち切る杉原の姿に、ただただ感動するばかり。

わずか27分の上映時間に、彼の偉業が凝縮されていて、日本人としてあらためて誇りに思った。

心折れそうになる杉原を叱咤激励する奥さんの気丈な姿にも、胸を打たれた。

ビザと美徳 [VHS] 第70回アカデミー賞最優秀短編映画賞受賞作品ビザと美徳 [VHS] 第70回アカデミー賞最優秀短編映画賞受賞作品
クリス・タシマ,ダイアナ・ジョージャー,スーザン・フクダ,ティム・トヤマ

売り上げランキング : 5239

Amazonで詳しく見る


トワイライト ささらさや(2014) official siteWikipediaallcinema

加納朋子の連作ミステリーを、大泉洋&新垣結衣のW主演で映画化。

新婚ホヤホヤで事故死した夫が、頼りない奥さんと生まれたての息子を幽霊となって見守る、和製「ゴースト」なコメディだ。

霊感のある人に次々と憑依する大泉は安心して見ていられるし、憑依される側の役者たちも、見事に大泉テイストを再現している。

息子のために強くなるガッキーも、弱い女から成長していく姿を見事に演じきって、かわいいだけじゃないところを見せていた。

ただ、深川監督と私の相性の悪さは本作でも発揮されちゃって、深い感動にはいたらなかったのが残念だ。

トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD) [Blu-ray]トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD) [Blu-ray]
新垣結衣,大泉 洋,深川栄洋

バップ
売り上げランキング : 17853

Amazonで詳しく見る



この5本を加えると、今年観た映画は100本になった。

目標の300本まで、あと200本だ!

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング