私が観た映画をレビューする記事の第13弾。

今回も、最近観た の5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


cinema

<試写会で鑑賞>


白鯨との闘い(2015)


今年最初の試写会は、「白鯨」の元になった壮絶な実話の映画化作品。

直前に1956年の「白鯨」を観た(下記参照)のだが、こっちを観ちゃうとあっちが完全にかすんじゃう。

迫力ある映像がすごいのは当然だが、それ以上に、「事実は小説より奇なり」だから。

白鯨との闘いも見ものだったけど、坊ちゃん船長と叩き上げ航海士の人間ドラマの方が引き込まれた。

封印した過去を語る、最後の生き残りを演じたブレンダン・グリーソンも味わい深かった。

白鯨との闘い (集英社文庫)白鯨との闘い (集英社文庫)
ナサニエル フィルブリック,Nathaniel Philbrick,相原 真理子

集英社
売り上げランキング : 10057

Amazonで詳しく見る


<劇場で鑑賞>


ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(2014)


今年最初の劇場鑑賞は、カンヌで2冠を獲得した動物パニックサスペンス。

犬より猫に愛情を感じる私でも、少女と犬の心のつながりには感動した。

しかし、あの犬たちの演技はすごい。

聞けば、いわゆる俳優犬じゃなくて、本当に保護されていた犬を指導して撮ったというじゃない。

野生化した彼らが怖ければ怖いほど、あの静謐なラストには心を洗われる。

イット・フォローズ(2014)


各方面絶賛のホラーを、公開初日に観てきた。

こんなにオリジナリティあふれるホラーは久しぶりだ。

それを他人にうつすことができるというのは、「リング」を彷彿とさせるけど、私は初めて「エルム街の悪夢」を観たときの興奮を思い出した。

本作の敵はフレディほど何でもアリではないが、ねばり強さといやらしさでは負けていないし、あんなのに取り憑かれたら本当に怖い。

北方謙三なら、「ソープへ行け!」って言うだろうなー。

<自宅で鑑賞>


白鯨(1956)


「白鯨の闘い」の試写会(上記参照)を前に、メルヴィル原作の海洋冒険ドラマを観た。

へー、ジョン・ヒューストン監督と一緒に、あのレイ・ブラッドベリが一緒に脚本書いていたんだ。

狂人と紙一重のカリスマ船長エイハブを、グレゴリー・ペックが鬼気迫る表情で怪演。

心情的には冷静なスターバックに共感していたけど、最後はやっぱり海の男たちだ。

映画として成功しているとは言い切れないが、60年前にしては特撮も健闘していたし、みんなずぶ濡れでがんばっていたし、漢の物語としての魅力はあった。

白鯨 [DVD]白鯨 [DVD]
グレゴリー・ペック,レオ・ゲン,リチャード・ベースハート,ハリー・アンドリュース,ジョン・ヒューストン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
売り上げランキング : 4250

Amazonで詳しく見る


青天の霹靂(2014)


劇団ひとりが、自分の小説を自分で脚色し、監督もして出演もしているという、「ひとり祭り」な映画。

ストーリー的には「バック・トゥ・ザ・フューチャー」なんだけど、過去に戻った主人公が両親に見たのは、生まれ来る自分に対する想いだ。

細部までよくできていて、親の愛に泣かされるとともに、劇団ひとりの才能に驚かされた。

俳優が芸人を演じると、どうしても違和感があるものだが、大泉洋も劇団ひとりもその点はまったくノープロブレム。

ひとりの中国人なんて、十八番の持ち芸じゃないか。

青天の霹靂 豪華版(Blu-ray2枚組)青天の霹靂 豪華版(Blu-ray2枚組)
大泉 洋,柴咲コウ,劇団ひとり,笹野高史,風間杜夫

東宝
売り上げランキング : 18395

Amazonで詳しく見る



今年の映画鑑賞本数の目標は300本!

あと295本だ。

試写会は30本が目標だが、今月すでにかなり当たっているので、幸先いいスタートが切れそうだ。

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング