私が観た映画をレビューする記事の第11弾。

今回も、12月に観た5本を紹介したい。

(ネタバレはありません)

【スポンサード リンク】


2015113001


<試写会で鑑賞>

ブリッジ・オブ・スパイ(2015) official siteWikipediaallcinema

スピルバーグとトム・ハンクスが4度目のタッグを組んだ、オスカーの呼び声高い人間ドラマ。

やり手弁護士のドノヴァンが、ソ連のスパイの弁護を担当したことから、東西冷戦のど真ん中に巻き込まれていく。

物語の前半では、ドノヴァンの考えに首をひねる部分も確かにあったが、次の展開に入ると、この映画のレベルはそんなところにないことがわかる。

もしも日本語の邦題をつけるなら、「不屈の男」で決まりだろう。

トム・ハンクスの熱い演技もよかったが、信念を持つソ連のスパイを演じたマーク・ライランスは、絶賛に値するキャラ作りだった。

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンC ブリッジ・オブ・スパイ 光沢プリントポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンC ブリッジ・オブ・スパイ 光沢プリント


写真フォトスタンド APOLLO

Amazonで詳しく見る


<劇場で鑑賞>

独裁者と小さな孫(2014) official siteallcinema

クーデターにより失職した大統領が、幼い孫とともに国内を逃亡する異色のロードムービー。

国民に悲劇を与え続けた独裁者なのだから、死をもって償うべしと思いつつ、罪のない孫のためになんとか逃げのびてほしかったりもして、鑑賞中はずっと複雑な気持ちだった。

殺したいほど憎い悪党だから殺してしまえ、というのでは、復讐と暴力の連鎖がいつまでも続くだけ。

でも、家族を殺されて絶叫する遺族の疵も、そう簡単に癒されるものではない。

この難問にひとつの答えを提示するラストには、深いため息しか出なかった。


スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015) official siteallcinema

これが2度目の鑑賞。4DX3Dで観てきた。

2度目なので、新キャラにもかなり馴染み感が出てきた。

特にヒロインのレイは、美形で、芯が強くて、まっすぐで、主人公としての魅力にあふれている。

異色づくめのフィンも、劇中しっかりと成長していて、好感が持てるキャラだ。

カイロ・レンは…超重要人物であることには間違いないので、これからの展開次第かなあ。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)
John Williams

WALT DISNEY RECORDS
売り上げランキング : 40

Amazonで詳しく見る


<自宅で鑑賞>

沈黙の激突(2006) allcinema

セガールの映画って、どれも同じっぽくて食指が動かず、ほとんど観たことがない。

この映画も、本当はシリーズじゃないのに、シリーズもののようなキャラ設定で、「言わなくても知ってるでしょ」と言わんばかりに、説明もなく進んでいく。

人間を強靭凶悪に変えてしまう薬をめぐって、セガール一派、悪党一味、軍が三つ巴の戦いを繰り広げるのだが、あまりのアラの多さに思わず笑ってしまった。

敵味方民間人問わず、やたら人が死ぬ割には、大問題を解決しないままエンドロールになっちゃったし。

ドンパチと格闘シーンさえあれば、あとはどうでもいいんだろうね。

沈黙の激突 [DVD]沈黙の激突 [DVD]
スティーヴン・セガール,リサ・ラヴブランド,ミヒャエル・ケウシュ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
売り上げランキング : 19214

Amazonで詳しく見る


マネキン(1987) Wikipediaallcinema

美女に変身したマネキンと恋に落ちて、仕事も私生活も成功するという、中学生レベルの空想話。

主人公のジョナサンは世の中舐めてるダメ男だというのに、さして苦労もしないので、映画の脚本としては薄っぺらいことこの上ない。

でも、爽やかイケメンのアンドリュー・マッカーシーが嫌味なく主人公を得じて、おしゃれなファッションと音楽で味つけすれば、バブル前夜の雰囲気にぴったりなファンタジーに生まれ変わるから不思議だ。

マネキン美女を演じたキム・キャットラルが、思いのほかキュートだったのも高ポイントだ。

当時流行ったスターシップの主題歌「愛はとまらない」が、めちゃめちゃ懐かしかった。

マネキン [DVD]マネキン [DVD]
アンドリュー・マッカーシー,キム・キャトラル,マイケル・ゴッドリーブ

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
売り上げランキング : 15435

Amazonで詳しく見る




この5本を加えると、今年観た映画は215本になった。

目標の250本まで、あと35本だ!

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング