セミリタイアしたくてもなかなか踏ん切りがつかない、セミリタイア希望者の皆さん、こんばんは。

今日は、そんな皆さんの応援になるような記事を見つけたので、このブログで取り上げてみたい。

【スポンサード リンク】





wjp

厚切りジェイソン 芸人と役員両立のワケ『安定=幸せとは思わない』

IT企業の役員として安定した生活を送りながら、なぜお笑いと両立しているのか聞かれると、ジェイソンは「それもおかしい。日本人は安定したものが理想だと思っているけど、僕は安定=幸せとは思っていない」と鼻息を荒くし、「本にも書きましたが、一生安定してよかったなと死ぬ直前に言う人はいないと思います。やりたいことができたかだと思います」と持論を展開。
(Sponichi Annex 2015/11/8)

確かに言われてみれば、日本人ほど安定を求める国民も、珍しいのかも。

親は子供に「安定した仕事」についてほしいと願うし、妻は夫に「安定した収入」を求めるものだ。

安定よりも不安定が優っているところは、あまりないように思われる。

だから日本人は、生活を安定させるために、できるだけ長く働いて、できるだけお金を稼ぎ続けようとするのだ。

セミリタイアって、そんな日本人的な思考とは逆の生き方だから、なかなか理解されづらいし、したくても踏み出せないものなのだろう。


でも、「一生安定してよかったなと死ぬ直前に言う人はいない」ってのも、彼の言うとおり。

私の愛読書である、ひすいこたろうの「あした死ぬかもよ?」も、似たような問いかけで始まっている。

こんなアンケート結果があります。
次の質問は、アメリカで、90歳以上のご老人に聞いたものです。

「90年の人生を振り返って唯一後悔していることはなんですか?」

これに対して、なんと、90%の人が同じ答えでした。それは…

「もっと冒険しておけばよかった」
(3-4ページ)

冒険と安定は、まったく相容れない考え方だ。

アメリカ人でさえそう思うのなら、安定志向の日本人は、なおのことそう思うんじゃないのかな。


もし人生が2回送れるものなら、そのうち1回は波乱万丈でもいいよね。

それが大失敗に終わったとしても、あともう1回残っているから。

でも残念ながら、人生って一回きりなのよ。

だから、人生の岐路においては、常にどちらかを選ばなければいけない。

その時に、安定する方ばかり選んだ人生って、確かにそうなるかもしれないけど、きっとつまんないよ。

逆に冒険を選べば、将来の保証もなく、ドキドキハラハラの連続になっちゃうかも。

だけど面白いのは、間違いなく後者だ。

冒険を避けるということは、自分の人生をどんどんつまんなくしているのと同じだろう。


人生は一回きり。

私もいろいろ考えたり悩んだりしたけど、それでも日本のサラリーマンの大半が進む道を自ら捨てて、セミリタイア生活に踏み出した。

会社が敷いたレールを走った方が安定していたに違いないが、それよりもオフロードを自分の力だけで走る方を選んだ。

だって、そっちの方が格段に面白そうなんだもの。


「やりたいことができたかだ」という厚切りジェイソンの考え方に、120%の同意を示したい。

それを実践している人の言葉は説得力があるわ。


日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)
厚切りジェイソン

ぴあ
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング