セミリタイアするためには、お金がいくらあればいいのか?

セミリタイアした人も、これからしようと考えている人も、避けては通れないテーマだ。

でも、このブログでは、これまであえて触れたことはなかった。

なぜかと言うと…

【スポンサード リンク】


そんなの人それぞれ。

私のケーススタディを書いても、それが状況の異なる赤の他人の役に立つとは、到底思えない。

そもそも、デリケートなお金の話を、赤裸々にカミングアウトするつもりもなかったし。


これからセミリタイアを目指す人に、ひとつだけ言えるとしたら、これかな。

Where there is a will, there is a way.
(意志あるところに道あり)


本当にセミリタイアしたいと思ったら、自分で必死に考えて、自分なりの方法を捜すでしょ?

その思いが強ければ強いほど、道は開けるんじゃないかな。

少なくとも、私はそうだった。


だから、こんな記事を参考にしている間は、「セミリタイアはまだまだ遠い」と言わざるを得ない。

あこがれのセミリタイア 必要な資金はいくら?
「早く会社を辞めて、好きなことだけして暮らしたい」。セミリタイアにあこがれを抱く人は少なくないだろう。ただし現実的には、早期退職して完全に仕事を離れるには一定の資金が必要となる。では、一体いくらあればセミリタイア生活ができるのだろう。
(ZUU online 2015/9/27)

記事中に出てくる「セミリタイアに必要な資金の計算式」は、次のとおりだ。

セミリタイアに必要な資金
=生活費(月額)×12カ月×セミリタイア後の余命(年)

手始めとしては、こんなところでいいと思うけど、出てくる答えはあまり参考にならない。

きっと、とんでもない金額になるだろうから。

本当に大事なのは、このあとの作業だ。


それは、自分の人生を深く見つめること。

「セミリタイアして、一体どんな人生を送りたいのか」ってことを、とことん突きつめて考えれば、自分に必要なお金が、細かいところまで見えてくるはずだ。

私の場合は、80歳を想定寿命と設定して、毎年の資産の増減をシミュレートする表をエクセルで作った。

そして、80歳になるまでは資産がマイナスにならないものができるまで、細かい修正を毎日加えていったのだ。


これが、なかなか楽しかったのよね。

やりたいことにかかる費用をできるだけ具体化して、それをシミュレーションに落とし込むのって、ワクワクする作業なんだもの。

もちろん、「あれもこれも」と、ラーメン二郎のマシマシみたいに夢を山盛りにしても、現実と離れていくだけだ。

必ず、妥協しなきゃならないところが出てくる。

削ぎ落とせるところは削ぎ落として、それでも削れないこだわりは、しっかりと残す。

そして、どうしたらそれが実現できるかを、真剣に考え抜く。

そうしていくうちに、シンプルだけど骨太な、自分だけのセミリタイアライフが近づいてくるのだ。


もちろんこれも、あまたあるセミリタイア道のひとつでしかないけど、この方法で今の暮らしにたどり着いた私は、幸せなんだとつくづく思う。

それなりの時間と工夫を重ねたおかげで、今の楽しい生活があるんだから。


前述の英語のことわざは、私が中三の時に担任だった英語の先生が、卒業する教え子たちに贈った言葉だ。

S先生、あなたがくれた言葉の意味、この歳になってよくわかりましたよ。


老後貧乏にならないためのお金の法則老後貧乏にならないためのお金の法則
田村 正之

日本経済新聞出版社
売り上げランキング : 4341

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング