「映画を安く観る方法」の第3弾は、札幌駅直結ステラプレイス7Fの好立地にある、札幌シネマフロンティアだ。

【スポンサード リンク】


ユナイテッドシネマ札幌(以下UC)やディノスシネマズ札幌劇場(以下DC)と同様、ここにも会員制度がある。

ところが残念なことに、会員割引というものがないのだ。

なので、毎週水曜日のメンズデイ、毎週木曜日のレディスデイ、毎月1日のファーストデイが、もっとも安く映画を観る方法となる。

入場料は1,100円なので、前述2劇場の最安料金1,000円よりも、100円見劣りする。

場所が場所なので、ショバ代ということなのかな。


映画は休日しか無理という平日勤務者は、レイトショー(20:00以降の回)で、1本1,300円ってのが最安。

しかしこれだって、DCと比べたら100円高い。

また、UCにもDCにもある朝イチの割引も、ここは平日しかやっていない。

ここでも、差が開いちゃってるね。


少し前までは、3D映画を観ようと思ったら、UCの値段設定がバカ高かったので、ここが最安だった。

今はUCも良心的な金額になったので、その点でもこちらを選ぶ理由がなくなってしまった。


というわけで、金額だけを比較した場合、ここの劇場を積極的に選択する理由はない。

どうしても観たい映画がここでしかかかっていない、という時だけ利用することになろう。


割引はないけれど、会員になるとポイントはつく。

鑑賞料金100円につき1ポイント、または飲食売店の利用1,000円以上で2ポイントがつき、100ポイント貯まると、招待券が1枚もらえる仕組みだ。

さらに、ネットでチケットを購入すると3ポイント加算される。

つまり、1,100円のチケットをネット購入した場合、14ポイントがつくので、8本映画を観ると1本無料となる。

8,800円で9本観られるので、1本あたりは977円。

通常料金が大人1,800円だから、823円のコストダウンとなる。

UCの943円ダウン、DCの967円ダウンと比べて弱さは否めないし、ネット購入じゃない場合はもっと差がついてしまう。

年会費は500円かかるので、利用頻度が高くなければ、会員になる意味はあまりないかも。

私は一応なっておきましたが。


上記以外にも安くなる方法はあるのだが、基本的に割高なので、このへんでやめておく。

観る映画を厳選して、事前にネットで買っておき、水曜日だけ通う。

これが、ここの劇場を利用する私のスタイルだ。


※上記は、45歳のいい大人がひとりで映画を観る場合を想定しています。


札幌シネマフロンティア

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング