今日から始まった『第66回さっぽろ雪まつり』。

朝から見事なまでの快晴で、雪像を見るにはいい天気。

あんまり暖かくなっちゃうと、今度は溶ける心配をしなきゃいけないけど。


雪まつりも大事だが、私にとってもうひとつ大事なイベントが、今日から8日まで開催される。

札幌コンベンションセンターで行われる、「懐かしのシネマ上映会」だ。


【スポンサード リンク】


「広報さっぽろ」を読み込んでいて見つけたこのイベントは、今年で4回目。

期間中、映画史上に残る名作中の名作を、無料で上映してくれるのだ。

上映作品は、「ローマの休日」「シャレード」「カサブランカ」「哀愁」「第三の男」の5本。

もちろん全部観ているし、DVD持っているのもあるけど、こういうのは何回観てもいいし、大画面で観るに越したことはない。


今日の作品は、「ローマの休日」。

(映画の感想は、「シネマディクトの呟き」に上げるのでご参照ください)

平日の13:00からということで、参加者のほとんどがシニア層。

40代の若造なんて、片手で足りるほどしか見当たらない。

こういうのって、ヒマな老人向けサービスなのかな。

セミリタイアでもしてなきゃ、絶対に無縁なイベントだわ。


プロジェクタによる上映だったけど、スクリーンはまあまあ大きかったので、足を運んだ意味はあった。

明日からも毎日参加して、懐かしの名作をしっかりと堪能したい。

こういうイベントなら、年1回と言わず毎月やってほしいくらいだ。


オールタイム・ベスト 映画遺産200 外国映画篇 (キネ旬ムック)オールタイム・ベスト 映画遺産200 外国映画篇 (キネ旬ムック)


キネマ旬報社
売り上げランキング : 73077

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング