このシリーズも、前回前々回に続いて、これで3回目。

私が実際に行って、おいしいと思ったお店を紹介したい。



【スポンサード リンク】


西屯田通りスープカレー本舗


今や札幌の名物となったスープカレーだが、ちょっと残念なメニューでもある。

まず何といっても値段が高い。

1食1,000円超は最低ラインだし、もっと上を食べたくなったら、野口英世がもう1枚必要になる。

気軽にいただける食事とは言えないレベルだ。

また、いい値段するだけあって、カレーの具が多くて大きいのはいいのだが、ライスとのバランスが難しい。

少しずつライスを消費しても、先になくなってしまうのが常だ。


しかし、この難点を解決する店がついに現れた!

ここの平日ランチは、なんと680円!

スープがちょっと少なめとのことだが、全然気にならない十分な量だ。

しかも、ご飯大盛りも無料なので、バランスの問題も完全に解消できる。

nishitonden


野菜カレーなので、肉がほしい向きにはトッピングも充実している。

しかも1品50~100円と、こちらもリーズナブル。

写真は、ライス大盛+メンチカツのせ780円コースだ。

もちろん味にも大満足。ここはオススメです!



遊鶴 南8条店


札幌のあちこちに見かけるのだが、昔からあった記憶はない。

調べてみると、そうか「ごまそば鶴喜」が店名変更したんだね。

ならば、これだけお店があるのは納得だわ。


ある平日のランチタイムに入ってみた。

サラリーマンも多いが、夫婦や家族連れも見受けられる。

カウンター席もあるので、ひとりでももちろん大丈夫だ。

メニューも豊富で、値段も安く、つい目移りしてしまうが、ここは日替りワンコインそばをチョイス。

水曜日はかしわそばだ。

ミニ丼もセットできるので、ミニカツ丼をつけてみた。

yuduru


これで799円なら、お得だね。

だって、途中でお腹いっぱいになっちゃったもの。



えびそば一幻 総本店


超有名店らしいのだが、今回札幌に引っ越して初めて名前を聞いた。

今年で8年目になるらしいね。

今では東京進出も果たし、カップ麺としても販売される躍進ぶりだ。

混んでるのを覚悟で、夜10:00頃訪問すると、カウンターの空きは1席だけ。

なんとか座ることができた。


頼んだのは「えびみそ」。

スープも3種類あり、いかにも濃そうな「あじわい」を選んだ。

麺は太麺をチョイス。(細麺も選べる)

ichigen


うん、確かに濃厚だ。

そして、トッピングされているえび粉が、またうまい!

これはクセになる味かも。

このストレート太麺でも悪くはないけど、中太のちぢれ麺でも食べてみたいなあ。


平日の夕方に行くと、さほど混んでおらず、すぐに食べることができた。

今後はあの時間が狙いだな。



↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング