私がブックオフマニアなのは、「ブックオフで大人買い」で書いた通り。

基本的に店頭オンリーだったのだが、先月、会社の読書家の人と食事をした際、ブックオフのネット版を勧められた。

そこで私も、ブックオフオンラインに会員登録したのだが、実際に注文したことはなかった。

それは、本の品質が心配だったから。

【スポンサード リンク】


ブックオフでほしかった本を見つけると、ラッキー!と思う。

しかし、実際に手に取ってみると、状態が悪くて、買うのを断念することが結構ある。

かなり古くて、日焼けしまくっていたり、古本臭が激しかったり。

本全体が曲がっていたり、ページが折れまくっていたり。

表紙が破れていたり、汚れていたり。


以前、人の髪の毛が大量に挟まっている本を買いそうになったことがある。

あれは気持ち悪かったなあ。

さすがに店員さんに報告したけど、あの本は毛を全部取り除いたとしても、絶対に買いたくないわ。


古本だからといって、読む意欲が下がるほどに、品質の悪いものを買うつもりはない。

店頭なら、自分の目で善し悪しを判断できるが、ネットだとそうは行かない。

これが、ブックオフオンラインでの古本購入を躊躇する理由だった。


ところが先日、「国内作家の小説5点以上購入で200円オフ」という、セールの連絡メールが届いた。

いい機会なので、店頭では見つけられなかった本を注文してみることにした。


1,500円以上で配送料が無料になるので、それ以上になるように本を選ぶ。

結果、文庫17冊、単行本1冊、コミック5冊の、計23冊を注文した。

全部108円か88円なので、23冊でも2,324円。

そこから200円引いて、実際は2,124円だった。


ところが、配送直前に、「商品に不備があった」とのメールが届いた。

「1冊だけカバーにシミがあるので、代金をもらえる品物ではないと判断し、勝手ながら無料にて同梱します」とのこと。

「結構、良心的だなあ」と思いつつ、商品到着を待っていたら、本日段ボール箱が届けられた。


開けてみると、どの商品も想像していたよりもきれいで、店頭に並んでいたら問題なくカゴに入れるレベル。

「シミがあるから無料」となった本は、確かにその通りだったが、中身は普通にきれいだったので、店頭なら買うかどうか迷うぐらいの品質だった。

これがタダなら、まったく文句はない。


結論:ブックオフオンラインは意外に使えるかも。


古本の時間古本の時間
内堀弘

晶文社
売り上げランキング : 168157

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング