昨日、約1ヶ月ぶりに会社に行ってきた。

もちろん有休消化中なので、仕事ではない。

正式退社に向けて、事務的に確認しておきたいことがあったからだ。

【スポンサード リンク】


久しぶりの出社にあたって、まず、どんな格好で行くか迷った。

休暇中なのだから、私服でもまったく問題はないし、せっかくセミリタイアしたのだから、窮屈なスーツなんて着たくはない。

でも、みんな仕事をしている中で、ひとりだけパーカーにチノパンでのほほんとしていられるほど、図太い神経も持ち合わせてはいない。


結論:スーツ着用で行く。

もうこうなったら、ネクタイもちゃんとしていこう。



会社で確認したのは、以下の2点。


<健康保険料の支払い方法について>

すでに、健保組合の任継(月払い)で手続き済みだが、年払いだとどれくらい安くなるのか気になった。

調べてもらったら、年間3,000円ぐらいお得らしい。

だったら年払いにしよう!…と一度は思った。


しかし、2年目の途中からは、国保の方が安くなることが予想される。

前年の収入で保険料が決まるからだ。

そうなると、途中で任継から国保に切り替える手続きが必要になる。

その時はまず国保への加入手続きをして、健保証を発行してもらい、それを健保組合に提出して、任継の脱退手続きをする、という流れが可能とのこと。

先に任継から脱退してしまうと、国保に加入するまでに空白期間ができて、その間に何かあっても保障してもらえないリスクが発生してしまうのだ。


これは、任継を年払いにしていても手続きできるみたいだが、私のような怠け者は面倒くさくなってしまって、結局任継を2年続けてしまうことが、今から簡単に予想できる。

月払いにしていれば、しかるべきタイミングで手続きをやろうと思うはず。


結論:月払のままでいい。


<健康診断について>

任継の場合、会社の健康診断は、今までどおり受けられるのか聞いていなかった。

確認したところ、これはダメみたい。

会社の健康診断は、在籍している社員の特権らしい。


代わりに、特定健診というのを受けさせてくれるようだ。

2,000円払えば、提携している病院で最低限の健康診断が受けられる。

扶養家族もOKらしいので、家族持ちの方には朗報だ。

独り者の私にはまったく関係ない話だが。


来年の5月か6月には案内が来るようなので、それを待つとしよう。



電話でもいいのだが、こういう話は直接訊いた方が、すぐに調べてくれたりするので助かる。

あとはゆったりコーヒー飲みながら、みんなの仕事ぶりを眺めて、帰ってきたのでした。


正直者が馬鹿を見る国民健康保険 (宝島社新書)正直者が馬鹿を見る国民健康保険 (宝島社新書)
松谷 宏

宝島社
売り上げランキング : 171593

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング