先日の「セミリタイアを知らせる旅」で、いろいろなところをまわったが、観光的なことはほとんどしなかった。

その代わり、引き込まれるように入ってしまったのが、行った先々にあるブックオフだ。

そして、過去最大級の大人買いをしてしまった。

(私の「本買い中毒症」については、「寝ても覚めても本の虫」をご参照ください)



【スポンサード リンク】


2016081401

6日間で立ち寄ったブックオフは、全部で9店。

買った本は、なんと、

166冊!


…もうアホですね。それも重症の。

セミリタイアしたから、読む時間はたっぷりあるけど、引越しも近いというのに、荷物増やしてどうすんの。

でも、地元の店になかった本が置いてあると、つい嬉しくなってカゴに入れちゃうのよ。

あの瞬間は、間違いなくドーパミンが大量に出てる。


166冊の内訳は、文庫が102冊、単行本が27冊、新書が4冊、コミックが25冊、雑誌が5冊。

それから、すでにあるのを忘れて、また買っちゃったのが3冊。

こういうことがないように、蔵書はすべて「ブクログ」に登録してあり、「あれ?これ前に買ったっけ?」ってのは、スマホで調べることにしている。

それでも、重複購入が発生するのだ。

家で同じ本を見つけた時の衝撃は、かなり大きい。

ムダな出費を嘆く気持ちよりも、買ったことを覚えてない、買ったかもしれないとさえ思いつかないことの方がショックだ。


今回も帰宅後に、買った本をドーンと並べて、いそいそと「ブクログ」に登録。

そして、誰の未読本が多いのか調べてみた。


<国内作家の未読本 上位10>
  1. 東野圭吾 58冊
  2. 高杉良 44冊
  3. 恩田陸 43冊
  4. 西澤保彦 41冊
  5. 浅田次郎 30冊
  6. 大沢在昌 29冊
  7. 宮部みゆき 27冊
  8. 桐野夏生 24冊
  9. 藤沢周平 21冊
  10. 京極夏彦 19冊
    佐々木譲 19冊
    真保裕一 19冊

<海外作家の未読本 上位10>
  1. スティーヴン・キング 46冊
  2. ネルソン・デミル 24冊
  3. ジェフリー・ディヴァー 23冊
  4. ジョン・グリシャム 22冊
  5. ジェフリー・アーチャー 21冊
  6. マイクル・コナリー 17冊
  7. F・ポール・ウィルスン 15冊
    フレデリック・フォーサイス 15冊
  8. ロバート・ゴダード 12冊
    フランク・ハーバート 12冊

こうやって眺めてみると、なんとまあミーハーなセレクションなんでしょうか。

児玉清さんと同じで、単純に面白本が好きなのだ。


今回の新入りを含めると、未読の蔵書はついに2500冊を越えた。

毎年100冊読んでも、70歳までかかる。

こりゃ大変だ。なんとかしなければ。


ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語るブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る
坂本 孝,松本 和那,村野 まさよし

日経BP社
売り上げランキング : 209198

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング