セミリタイアを考えていた時期に読んで、影響を受けた本を紹介するシリーズを、第7弾まで書いた。

今回はその番外編。

取り上げるのは、65万部突破のベストセラー、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」。

略して「ビリギャル」だ。

【スポンサード リンク】


この本を読んで、私はセミリタイアを決めた…ということではもちろんない。

本自体、とても面白く読んだし、クライマックスでは思わぬ感動に、自分でも驚いた。

しかし、このブログで取り上げたいのは、“勉強法”だ。

特に、日本史の。


聖徳太子を「せいとくたこ」と読むレベルのギャルに、著者の坪田先生が読ませたのが“まんが”だ。

ただ読ませたのではない。

何回も繰り返し読ませて、覚えさせたのだ。

もちろん、それだけで合格したわけではないのだが、この方法が慶応への近道だと聞くと、興味が湧いた。

なのでセミリタイアしたら、自分もやってみようと思ったのだ。


ただ、「まんがなら何でもいい」ってわけでもないらしい。

坪田先生も、小学館の「少年少女日本の歴史」はいいけど、「学研まんが 日本の歴史」や、集英社の「学習漫画 日本の歴史」はダメだと言う。

小学館でも、1997年12月の改訂版がいいらしい。

Wikipedia で「学習漫画」を調べると、日本史だけで11種類も掲載されている。

編纂した人の考えで、内容ってずいぶん違うんだろうね。

中には、自虐史観に染まりまくってるものもあるだろう。

そんなので勉強したら、悪影響しかないわ。


こういうのは、自分で買ってもいいけど、まずは図書館で探してみよっかな。

春になったら自転車買って、中央図書館に通うつもりなので、これはその時の課題だ。



日本史だけじゃなく、世界史もまんがで勉強したい。

こちらも、Wikipedia の「学習漫画」を見ると、6種類ほどあるみたい。

一方、これもセミリタイア後の楽しみとして、横山光輝の「三国志」と「史記」を自分で買いそろえている。

「三国志」は潮漫画文庫版全30巻、「史記」はコンビニコミック版全8巻だ。

歴史の勉強というより、面白そうだったから買ったのだが、これも近々手をつけるつもり。



ところで先の「ビリギャル」だが、私も表紙のモデルに惹かれて興味を持ったクチだ。

石川恋ってかわいいねー。(→本の公式サイト

先日の「有吉反省会」では、金髪から黒髪に戻していたけど、あれが元々らしく、性格も全然ギャルじゃないらしい。

人は見た目で判断しちゃいけないね。


で、この「ビリギャル」、なんと映画化が進んでいる。

主役は有村架純なのだが、石川恋のイメージが強いせいもあって、まだ違和感がぬぐえない。

彼女、そんなに頭悪そうに見えないしね。(→映画の公式サイト

「ビリギャル」特報


でも、きっと観に行っちゃうことでしょう。


学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
坪田信貴

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 222

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング