『セミリタイアを知らせる旅』に出る直前の21日午前、地元の税務署が開いた記帳説明会に行ってきた。

不動産所得の記帳・帳簿保存について、話を聞くためだ。

【スポンサード リンク】


担当の税理士の先生が、口を酸っぱくして何度も言ってたのが、

「これからは、日々記帳してください。
年に1回まとめてやるんじゃなくて!」


…いやあ、耳が痛いわ。

何事も追い込まれないとやらない性格の私。

これまでの確定申告も、期限直前の週末、しかも日曜日の夜にあわててとりかかる始末だった。

「去年は大変だったから、今年は早めに済ませよう」

と、毎年思うのだが、気づくともう時間がなくなっているのよ。あれ不思議。


そんな怠惰な私に業を煮やした国が、国家権力を総動員して、今年から不動産所得の記帳義務化を一方的に決めてきた。

反権力がポリシーの私も、これには従わざるをえない。


もちろん、今年の分はまだ何もしていないが、それを見越してか、税務署の方で帳簿の見本を用意してくれていた。

かゆいところに手が届くとは、まさにこのことだ。

国もなかなかやるじゃないか。


その他に教えてもらったのは、下記のとおり。

・エクセルで作った帳簿は、印刷して初めて帳簿として認められる。(書類で保存しなければいけない)

・記帳は、毎月1シート。毎月の合計と、それまでの累計を記帳する。

・減価償却費は12月のシートに含める。

・12月の数字が出たら、あとはそれを収支内訳書に転記するだけなので簡単。(期限直前にあわてなくていい)

こんなの当たり前なんだろうけど、やっていないとわからないことだらけだったので、とても勉強になった。


「白色申告でもここまでしないといけないんだから、いっそ青色申告にしちゃいましょう」というのが、税務署からのラストメッセージだった。

メリットがもっとあれば、やってみようと思うんだけどな。

不動産業が事業規模でない私の場合、青色申告特別控除は10万円。

税率が1割だったら、還ってくるのは1万円だ。

これを、青色申告の煩雑な作業に見合う、妥当な報酬と考えるかどうか。

27年の分については、来年の3月15日が承認申請書の提出〆なので、それまでの検討課題にしておこう。


今度の確定申告は、早めに手続きを済ませたい。

なんなら、2月16日初日に持って行っちゃおうか。

せっかくセミリタイアして時間があるんだから、こういうところもちゃんとしなきゃね。

図解・表解 確定申告書の記載チェックポイント(平成27年3月16日締切分)図解・表解 確定申告書の記載チェックポイント(平成27年3月16日締切分)
五関 幸子,中澤 廣,天池 健治

中央経済社
売り上げランキング : 3418

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング