激動の2014年も、いよいよ今日で最終日。

私が下したセミリタイアの決断が、たぶん正しかったということを確認して、今年のブログ納めとしたい。

テーマは、「もしも定年まで働いたなら」。

【スポンサード リンク】


<15年後の定年退職日>

15年前、セミリタイアに舵を切りそうになる一歩手前で踏みとどまり、コツコツと働き続けてきた。

そして今日、ようやく定年を迎えることができた。


定年まで働いたおかげで、毎月ちゃんと給料がもらえて、まったくお金の心配をせずに生きてこられた。

貯蓄も順調に増えて、老後の暮らしは安泰だ。

厚生年金は雀の涙ほどしかもらえないが、それでもまったく問題はない。


退職金も満額支給されたので、この使い道も考えなくては。

まずは、新しい家と新しい車を買おう。

札幌のマンションには、豪華なホームシアターを作って、映画三昧の毎日だ。

沖縄に別荘でも買って、冬だけ移住するってのも悪くないな。

毎年、海外旅行もしてみたいし。



でも・・・

この15年間は、目が回るほど忙しかった。

役職が上がると収入も確かに増えたけれど、それ以上に責任が重くなった。

昔は仕事が面白い時期もあったが、この15年はただただしんどかった。

毎日ストレスがたまるばかりで、一向に解消されることはなく、片頭痛と胃痛に悩まされ続けた。

会社の健康診断では、毎年数値が悪化していった。


休日出勤が増えたせいで、自分の自由にできる時間はほとんどなく、家ではただ眠るだけ。

好きな映画も満足に観れず、好きな読書も積ん読が増えるばかりだった。


札幌で暮らしたいと思っても、勤務を命じられるのは内地、内地、内地。

東京勤務の時の通勤地獄は、中年の身体にとっては本当の地獄だった。

少しでも癒されたくて猫を飼おうとしたが、会社の規定で禁じられていたので、泣く泣く諦めた。


しかし…

そんな苦難に耐えたからこそ、なんとか定年までこぎつけた。

よし、本当の人生はこれからだ!

今まで我慢していた分を、一気に取り返すぞ!



<それから1年後>

在職中の無理がたたって病気になり、治療の甲斐もなく息をひきとったとさ。

使い切れなかったお金をたっぷり残して。

お疲れ様でした、私。

~おしまい~



この予想は、決して大げさな話ではないし、もしかしたら、まだいい方かもしれない。

もしかしたら、定年前に体を壊してしまうかもしれないのだ。

もしかしたら、定年前に死んでしまうかもしれないのだ。

もしかしたら、それは明日かもしれないのだ。


定年まで働いて得られるのは金。

失うのは、時間、健康、自由、人生の充実感。

私はどちらでも選べるようになったので、後者を選んだ。

これからは、この決断の責任をしっかりと取っていきたい。

人生を楽しみながらね。



このブログを読んでくださった皆さんも、2015年が素敵な年になりますよう、お祈り申し上げます。

ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


2015年 日本はこうなる2015年 日本はこうなる
三菱UFJリサーチ&コンサルティング

東洋経済新報社
売り上げランキング : 3090

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング