“終の住処”をリフォームする」で書いたクッションフロアの件。

札幌のマンションのリフォームを依頼していた会社から、その見本が送られてきた。

【スポンサード リンク】


事前に、「見本を送ります」とメールがあったので、パンフレットが届くのかなと思っていた。

郵便箱に入っていた封筒は、思っていたより分厚い。

開けてみると、確かに入っていたのはクッションフロアのパンフレットだが、小さく四角く切り取った“実物”が見本として貼ってあった。

だから分厚かったのだ。


クッションフロアの柄は、「デザイン柄」「ウッド(木の柄)」「ストーン(石の柄)」「プレーン(柄なし)」の4種類がある。

木のフローリングライクな床にしたいので、「ウッド」の中から選ぶことにした。

しかし、この「ウッド」にも、「オーク」とか「ウォルナット」とか「マホガニー」とか、木材の種類がたくさんあって、よくわからん。

これは色合いで選ぶしかない。

明るくて白っぽいのか、普通の木の色バージョンか、ダーク系か。


リビングは木の色合いをちゃんと出したいので、普通の木の色バージョン。

寝室は落ち着いたシックな感じがいいので、ダーク系。

キッチンは清潔感が必要なので、明るくて白っぽいの。

色味さえ決まれば、木材の種類はなんでもいいや。


というわけで、こちらの希望を業者にメールした。

あとは支払いさえしてしまえば、いよいよ、“終の住処”のリフォームがスタートする。

わくわくするなあ。

わが家の壁・床DIYリフォーム―徹底ガイド (Gakken mook―Do series)わが家の壁・床DIYリフォーム―徹底ガイド (Gakken mook―Do series)


学研
売り上げランキング : 19620

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング