(「いつからセミリタイアを考えていたのか?」からの続き)

「45歳セミリタイア計画」が、会社の気まぐれで頓挫しようとしていた。



【スポンサード リンク】


2014101801


とは言っても、この「早期退職制度」は決して正式な制度ではなく、あくまで、毎年検討した上で実施するかどうかを決める運営だった。

確かに、前年までの通知文を読めば、「来年やるかどうかはわからんよ」的文章が載っている。

でも、まさか自分が利用しようとした矢先になくなるとはね。ガックリ。



解体的出直しを余儀なくされた私は、もっと綿密なシミュレーション作りに取りかかった。

80歳まで生きると仮定して、今後の収支と資産の変化を、エクセルで計算できるようにした。


収入はきびしめに見積もっていたので大きくは変わらないが、支出はその時々の考えでコロコロ変わる。

「もっといいところに住みたい」「もっと遊んで暮らしたい」などと考えると、一気に収支は悪化し、資産の減少が加速する。

逆に、支出をシビアに考えれば、80歳まで何とか生きていけそうな計算になる。


45歳で辞める理由がなくなってしまったので、もっと早く退職することも考えた。

生活をかなり切りつめれば、なんとかなりそうな計算結果も出ていた。

しかし、どうしても踏ん切りがつかず、月日だけがずるずると過ぎていった。



ところで、私の会社では、パソコンでいつでも自分の退職金が計算できるようになっている。

ある日、45歳時点での退職金を出してみて驚いた。

それまでの増え方と、45歳を過ぎた時の増え方が若干違うのだ。

「早期退職制度」の足元にもおよばないが、45歳になると、いくらか加算されている。

これに気づいたとき、私の「45歳セミリタイア計画」は復活を遂げた。



もちろん、このまま会社に居続ければ、退職金のカーブは角度を増していく。

45歳じゃなく、50歳で退職という考えも、頭には浮かんだ。

しかしこの会社には、55歳での「早期定年制度」という、正式な退職金優遇システムがある。

もし50歳まで働けば、「あと5年で55歳だし」と絶対に思うはずだ。

そして55歳まで働けば、「あと5年で本当の定年だし」となるのは目に見えている。

そうして、大切な15年間を会社に捧げてしまうのだ。

そんな流れは、なんとしても避けたい。

辞めるなら、45歳しかない。


だから、今年のセミリタイアに照準を合わせて、準備を進めてきた。

札幌での家探しも、今年になって一気に話が進んだ。(「終の住処は札幌で」3部作を参照)

そして、45歳を迎えた今年9月、退職の申し出を行ったのだ。



道のりは長かったけど、これだけの時間をかけてきた重みが、今の私を支えている。

後悔はまったくしていない。

あるのは、セミリタイア後にやってみたい、山ほどの楽しみだけだ。

まさに、「働かないって、ワクワクしない?」だね。


働かないって、ワクワクしない?
働かないって、ワクワクしない?アーニー・J. ゼリンスキー,Ernie J. Zelinski,三橋 由希子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング