昨日「売られたケンカを買った」のだが、その決着が着いた。



【スポンサード リンク】


2014101501


昨日の件も含めて、監査の連中とこちら現場側の代表スタッフとの、話し合いの場がもたれた。

私は参加しなかったので、終わってから結果を聞いた。


監査担当者のあまりのアホさ加減に、つい「問題にしたきゃどうぞ」と返してしまった、昨日の件。

これについては、上司がしっかりと潰してくれたようだ。

一応礼儀として、感謝の意は示した。

しかし、こんなくだらない件を本当に問題にするようなら、この会社は遅かれ早かれ終わる。

だから、それほど驚きはしなかった。当然の結果である。



だが一方で、私が問題化を容認する発言をしたことについて、強く叱責を受けた。

これに対しては、言いたいことをグッとこらえて謝っておいた。

どんな話し合いになったのか定かではないが、私の対応の尻拭いをしてくれたのだから仕方がない。


しかし本当のところは、反省もしていなければ、後悔もしていない。

私の行動自体は、決して間違ったものではないから。

相手が監査だからって、言うべきことも言えないなんて、おかしすぎる。

同じ会社の人間なんだし、どちらもプライド持って仕事してるんだから、正しいと思ったことを言う権利は、こちらにだってあるはずだ。


だけど、監査の結果が現場スタッフの評価につながってしまうのも事実。

そうなると、「さわらぬ神に祟りなし」という態度になるのも、仕方ないのかも。

あと少しでいなくなる私の目には、監査に楯突かず必死に耐える彼らこそ、かわいそうで同情すべき人たちに映る。

大変だね、サラリーマンって。



私は、大切な部下を守れただけで十分だ。

上からの覚えなんて、どうだっていい。

失うものがないと、かっこいいことも平気で言える。

いいね、セミリタイアって!



※この記事は、2015年1月10日まで非公開でした。(「非公開記事を解禁!」を参照)


プロフェッショナルサラリーマン 実践Q&A編
プロフェッショナルサラリーマン 実践Q&A編俣野 成敏

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング