ネット上には、好きなアーティストの歌詞を、ファンが独自の解釈を披露するサイトが数多く存在する。

私も、ブログタイトルの“Worlds end”について、“セミリタイア的”解釈をしてみたい。

【スポンサード リンク】


 

“Worlds end”の歌詞はこちら ⇒ J-Lyric.net


<1番Aメロ・Bメロ>

この歌における“僕”は、いわば“セミリタイア予備軍”。

すでにセミリタイアを実行して、悠々と暮らしている憧れの先輩を、大空を優雅に飛び回っている“大型の旅客機”に例えて、「僕もいつかはああなりたい」と、羨望のまなざしで見つめているのだ。


<1番サビ>

現実の生活の中で現れる“行き止まりの壁”。

心が折れてしまいそうな時に思い浮かべるのは、“何に縛られるでもなく”自分の人生を思い通りに生きていく、セミリタイアしたあとの姿だ。

希望の光が差し込んでくる光景を思い浮かべて、つらい今を耐え忍ぶのだ。

(“君”というのは、共に人生を歩むパートナーのことか)


<2番Aメロ・Bメロ>


“ケーキ”というのは、セミリタイアのチャンスのこと。

食べようと思えば食べられるのに、結局食べそびれてしまう。

勇気がなかったり、時期を逸したりして、いつまでもセミリタイアに踏み切れない“僕”。

そのたびに自問自答するのだ。

「本気でセミリタイアする気があるのか」と。


<2番サビ>

今の仕事はとてもつまらなくて、やりがいは感じられない。

こんなことやってていいのかと思う。

この苦しい状況から脱出して、セミリタイアへ舵を切り、君を幸せにしたい。

目標を持って前へ進もうとしている姿が見える。


<大サビ>

1番、2番のサビと似たような歌詞だが、心境はかなり変化している。

「いつかじゃない。今、君を幸せにするんだ」という強い思いが伝わってくる。

“僕”は、いよいよセミリタイアに一歩踏み出す決心をした。

“この確かな思い”は、何があってもブレることはないだろう。



…なんちゃって!

慣れないことすると、疲れますな。

でも、今の私の心境に結構合っていたので、この曲をタイトルに選んだのは、あながち間違いじゃなかったと確信できた。


…ん?

お前には、“君”に該当するようなパートナーがいないだろうって?

オオキナオセワデス。ホットイテクダサイ。

I LOVE UI LOVE U
Mr.Children

トイズファクトリー
売り上げランキング : 4412

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング