そうです。パクリです。刀を収めるでござるぅ。

(「終の住処は札幌で(前編)」「同(後編)」から続く)


不動産サイトで気になった物件は、価格が予算を若干オーバーしていたものの、「終の住処は札幌で(後編)」で掲げた5条項を、完全に満たしていた。

写真を見ると、部屋の様子もなかなか良さそう。

扱っている業者は、先の10社の中の1社だったので、すぐにどんな状況か確認のメールを送った。



【スポンサード リンク】


2014101301


今度も、「来週にも成約予定です」ってのを想定しての問い合わせだった。

しかし、担当者からの返信は違った。

「お問い合わせいただいた物件は、現在販売中です」

えっ?本当?

そんなうまい話があるのだろうか?


ここは慎重に話を進めるべく、追加質問のメールを送った。

どうやら、私の前に購入希望者がいたようで、かなり具体的な話になっていたみたい。

しかし、住宅ローンの事前審査で否認されてしまい、他にもあちこち申し込んだけどダメで、ついに断念。

この間3ヶ月、他の希望者も現れたけど、断らざるを得なかったらしい。

ちょうどいいタイミングで私が連絡したということで、「これって運命?」なんて思ったりして。


しかし、この業者が曲者で、こちらが興味を示すと、ぐいぐい迫ってくる。

売主と値段交渉できるかどうかを質問したら、逆に「購入申し込みするなら、指値で強く交渉してみますが」と出る始末。

遠方で内覧もできないのに、今買うかどうか決めろって、そんなバカな話はない。

この業者は、信用できない。


そこで、同じ物件を取り扱っている業者が他にないか、ネットで探してみた。

すると、このマンションの管理会社が、販売も引き受けていることがわかった。

すぐさまその業者に、照会メールを送る。

返信は早かった。

そして丁寧だった。

内覧できないこちらの事情を察して、サイトには掲載されていない部屋の写真まで添付してくれて、ますますこの物件に興味がわいた。


あとは直接電話でやりとりをした。

売主との価格交渉もすぐにしてくれて、ちょっとした駆け引きはあったものの、最終的にこちらの予算内に収めることができた。

ならば、交通費をかけてでも、一度見に行く価値はある。

6月のある週末、私は札幌へ飛び、部屋を見せてもらった。

写真よりちょっと古びてはいたものの、おおむね満足できる部屋だったので、その場で契約書にサインした。

お盆休みに帰省した際、もう一度現地に向かい、すべての書類を整備し、正式に契約をした。

そして、マンションの鍵をもらった。



こうしてついに私は、札幌で終の住処を手に入れることができたのであった。

少し手を入れるところはあるものの、あとは、行って暮らすだけだ。


「終の住処は札幌で」3部作は、これで完結です。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。


現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない
現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない藤沢 侑

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング