私の会社の親睦会は、実質的に送別会しか行事がない。

前回の送別会は、「会社の宴会が苦手」でも書いたが、この秋の異動者のそれだった。

この職場に転勤してきてから、定期異動以外で送別会が行われた記憶はなく、私の場合はどうなるんだろうと考えていた。



【スポンサード リンク】


2014101103


自己都合退社の分際で、自分が主役になる会を催されるなんて、私としては居心地悪いことこの上ない。

一緒に出ていく人もいない単独の主賓で、最初から最後まで、全員から根掘り葉掘り質問攻めに遭うのだ。

あまり話せることもない状態で、最後の挨拶をしなければならないのだ。

想像しただけで吐きそうになる。

もし、幹事からオファーがあったら、謹んで辞退すると決めていた。


でも、そもそもそんな話さえ出なかったら、どうしよう。

「残る私たちに迷惑かけて辞めていく人の送別会なんて、不要に決まってるでしょ」で全員一致して、何の話も出ない可能性だってある。

自業自得とはいえ、それではあまりにも寂しい。

自分勝手は百も承知だが、やはり企画だけは立ててほしいわ。

そして、私の意思でご遠慮させてほしいのよ。



そんなことを考えていたら、昨日の昼間、若手の職員が私の席に近づいて、小声でささやいた。

「送別会をしたいんですけど…」


キタ━(゚∀゚)━!


とりあえずホッとしたよ。

なので私も、用意していたカードを切った。

「自己都合退社だから、送別会なんてやってもらう資格がない。ありがたいけど遠慮させて


というわけで、シナリオ通りの展開により、私の送別会は華麗に回避できた。

個別の飲み会はいくつか入るだろうが、個人的なお誘いはありがたく受けたいと思う。

そんな好意を寄せてくれる人は、セミリタイア後もつきあっていきたい大切な人だろうから。


スゴイ!と言わせる 乾杯・献杯・中締めのあいさつ―いざという時そのまま使える (基本がすぐわかるマナーBOOKS)
スゴイ!と言わせる 乾杯・献杯・中締めのあいさつ―いざという時そのまま使える (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング