来年1月の退職に向け、現在、着々とスケジュールが進行している。

しかし、本当はもっと早く辞めるつもりだった。

時期がずれにずれ込んだのは、一体なぜか。

【スポンサード リンク】


当初の予定では、6月のボーナスをもらって、その月末退社を目論んでいた。

有給を消化する日程を計算して、最終出勤日は4月末。

なので、3月の職務面談の時、上司に申し出るつもりでいた。


そのタイミングで行われるのが、年に一度の健康診断。

今年45歳になるので、人間ドックを受けられる年に当たっていた。

もしもそこで異常が見つかったら、それこそセミリタイアはできない。

病気と闘うなら、会社に所属していた方が何かと好都合だから。

人間ドックが受けられるのは2月から。結果が出るのは1ヶ月後。

退職を申し出るかどうかを決める、ギリギリのスケジュールだった。


しかし、予約がとれたのは2月の後半で、健診結果が届いたのは3月中旬。

体に異常はなかったものの、その時期に退職を申し出るのは、さすがに迷惑をかけすぎる。

6月末退社計画は、実行に移せなかった。


次のタイミングは8月末退社。

6月がとても忙しい時期なので、そこまで仕事をしておけば、その後有給を2ヶ月とったとしても、業務に支障をきたさないだろう。

周りに配慮した計画だった。

しかしこれも、できなかった。


ボーナスの際に伝えられる人事評価が思ったよりも高くて、「それでも辞めます」と言いづらかったのだ。

さらには、札幌の新居を内覧した時期で、正式に契約するまでは、退職の方も踏ん切りがつかなかった。

8月末退社計画も、これまた実行に移せなかった。


でも、2回も延期すると、セミリタイアへの情熱はますます強くなるばかり。

8月には札幌のマンションも手に入れ、お膳立てはすべて整った。

上司の仕事の予定を確認して、9月の第1週に話をするつもりだった。


しかしここで、アクシデント発生。

急遽、北海道の実家に帰らなければならない用件ができたのだ。

上司に話す予定だった日、私は新千歳空港行きの飛行機に乗った。

またもや、タイミングを逃してしまった。


実家に帰ったのが遅い時間だったので、夕食をとるために、迎えに来た妹と居酒屋に入った。

そこで私は初めて、自分の計画を、自分以外の人間に打ち明けた。

ここまでずるずる延びてしまったのは、前述したのが真の理由ではない。

自分の心の中に、まだ逃げる気持ちがあったからだ。

そんな弱い自分に歯止めをかけるために、セミリタイアするつもりであることを妹に話した。


妹は驚いていたが、兄の決断を受け入れてくれた。

私も妹に話したことで、決心がついた。

会社に戻ったら、ビシッと言おう。


そして、「退職を上司に伝えた」のである。

退職の申し出は、勇気がいるものだ。

最後にその勇気をくれたのは、家族だった。

感謝しております、わが妹よ。

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないかそろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか
山口揚平

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 38518

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング