札幌をこよなく愛す」で書いたとおり、セミリタイア後は札幌に住むと、固く心に決めていた。

だから住む家は、かなり前から探していた。



【スポンサード リンク】


2014101201


家を選ぶにあたっては、賃貸でもなく、一軒家でもなく、マンション購入を前提にしていた。

理由は以下の通り。


賃貸 VS 購入

  • 貸家に住んで、家賃を払い続けるのは、なんかもったいない。
  • 自分の家であれば、自分の自由にできる。

実家を出てから27年、ずっと他人の家を借りて住んできた。

賃貸は、生活するのにいろいろと制約がある。

セミリタイア後は、自分の人生を自分でコントロールできるのと同様、自分の住む場所も自分の好きにしたい。

だから、賃貸という選択肢は、はじめから考えていなかった。


一軒家 VS マンション

  • 一軒家は雪かきが大変だが、マンションは管理人がやってくれる。(これ超重要)
  • マンションの上階なら、大雨の際の水害の心配がない。(最近特にこわいし)
  • マンションの上階なら、虫があまり入ってこない。(低層階が大変なのは経験済み)
  • 2階建ての一軒家は、生活導線の点でも不便。(ちょっとした運動にはなるけど)

そもそも家族もいないのに、一軒家に住むのは違和感がある。

これから年老いていくことを考えると、生活維持の観点からも、マンションの方が住みやすいだろう。



というわけで中古マンションを探しはじめたのだが、5年前の札幌勤務時代には、コレ!という物件には出会えなかった。

セミリタイアの時期が未定で、決断に至らなかったという、こちら側の事情もある。

それでも、数軒の内覧をさせてもらって、部屋選びのポイントを理解することはできた。


札幌を離れてからも、ネットで頻繁に中古マンションをチェックし、気になる物件にはすぐに照会をかけていた。

でも、私が心ときめく部屋は、同じ想いを抱く人も多いようで、メールを送っても、「すでに商談中」という返事しか返ってこなかった。


最高に理想的な部屋が現れたので、見た瞬間にメールしたら、間髪入れずに電話がかかってきたことがあった。

担当者いわく、「実はワケあり物件で…」とのこと。

持ち主の女性が部屋でなくなったらしい。

ダメ元で、どんな状態だったのかを訊いたら、あっさり「首吊りで…」と答えてくれた。


私は、宇宙人の存在は確信していても、幽霊については信じていない。

人が死んだくらいで、こんなに素晴らしい部屋をあきらめるのはもったいなさすぎる。

でも、もしこの部屋に住んだなら、夜に鏡を見るのが怖くなってしまうかもしれない。

何も見えなくても、何かの存在を感じてしまうかもしれない。

そして、そんな部屋を選んだことを後悔するに違いない。

残念だけど縁がなかったと考えるしかない。



その後は、なかなかいい物件に出会えなかった。

アベノミクスで景気がよくなってきて、価格面でも予算と釣りあうものが減ってきたのだ。


このままではまずい。

そう思った私は、今年になって行動を起こした。


⇒⇒⇒「終の住処は札幌で(後編)」に続く。


プロだけが知っている!中古住宅の選び方・買い方
プロだけが知っている!中古住宅の選び方・買い方高橋正典

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング