セミリタイアに向けて驀進中の私だが、それで失ってしまうのが残念で仕方ないものがある。

収入でも、肩書きでも、人間関係でもない。

それは…



【スポンサード リンク】


8729155


つけ麺だ。


私は無類のラーメン好きなのだが、今住んでいる街で、人生最高の味に出会ってしまった。

この店のつけ麺は、あまりに美味しすぎて、何回食べても飽きるどころか、そのたびに感動してしまうのだ。


もともとつけ麺は嫌いだった。

普通のスープのアツアツラーメンの方が、途中で冷めることもないし、どうしてつけ麺を食べる必要があるのかわからなかった。

そんな私が、この店のイチオシである濃厚つけ麺を口にしたとき、それまでの認識がガラガラと音を立てて崩れ去ってしまった。


豚と鶏と魚をふんだんに使った濃厚スープに、コシのある極太麺がよく絡み、ついつい次の一口を求めてしまう。

つけ汁が冷めたら、温め直しを頼めるので、いつでもホットな状態で食べることができる。

低温調理した独特の味わいのチャーシューもうますぎ。


食後は割りスープを入れて、つけ汁を飲む。

他のラーメンなら、塩分過多のスープを残すぐらいの理性はあるのだが、このつけ汁の前には抵抗不能。

最後の最後まで残さず飲んでしまう。


全部飲み干したあとも、最後に水で口をスッキリさせるなんて、もったいないことはしない。

そのまま店を出て、しばらくは口の中に残る余韻を味わうのだ。


この店でつけ麺に目覚めて、ほかの店でもつい頼んでしまうようになったが、こんなに感動できるものには残念ながら出会えていない。

今では週イチで仕事帰りに通っており、しばらく口にしないと、勤務中から食べたくてどうしようもなくなってしまう。

まさに禁断症状。


私は道産子なので、ラーメンにはうるさいつもりでいるが、その私が毎度毎度唸ってしまう、唯一無二の逸品。

それが、セミリタイアで札幌へ引っ越してしまうことにより、食べられなくなってしまう。

これが何よりもつらく悲しく、心残りだ。



今日も仕事を終えたあと、お店に車を走らせた。

最初の一口から最後の一滴まで、しっかりと味わってきた。

せめて引越しまでの3ヶ月は、何度も通ってこの味を堪能したい。


石神秀幸のラーメンマップ東京1
石神秀幸のラーメンマップ東京1石神 秀幸,石神秀幸

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング