今日は会社の定期異動の日。

私の職場にも、数名の転任者が着任し、新体制がスタートした。



【スポンサード リンク】


2014092902


そのうちの1人がすでに、私の後任含みの職務発令を受けている。

さっそく上司から、明日関係者を集めて、引継ぎに関する打合せをすると指示があった。

どうせやるなら、早い方がいいという判断だろう。

これは予想通りだ。


打合せに備えて、自分の仕事をリストアップした。

事務的・作業的なものだけで相当ある。

しかし、引き継げるとしたらここまで。


本当に大切な仕事は、リストには現れないものだ。

時間を作って、こまめに人に会ったり、

相手の話を、決してさえぎらずに聴いたり、

できるだけ親身になってアドバイスしたり、

時には、厳しい意見も言わせてもらったり。

そうやって、相手のために時間を使い、人間関係を養っていく。


これらの地道な努力は、引き継げる類のものではない。

後任者がやろうと思えばできるし、思わなければできない。

ただそれだけ。


その人とは今日初めて顔合わせをしたが、私より年上で落ち着いた感じだ。

しかし、まだ人柄まではわからない。

さて、どうなることやら。


「総務の仕事」がよくわかる引き継ぎノート<「総務の仕事」がよくわかる引き継ぎノート> (中経出版)
「総務の仕事」がよくわかる引き継ぎノート<「総務の仕事」がよくわかる引き継ぎノート> (中経出版)加藤 幸人

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング