車を軽に買い換えたいと思い、ガリバーの担当者に来てもらった。

はじめに今の車を検分してもらい、次に買い替えについて相談する。

当初の希望とはかなり異なるが、結局、「当面、今の車に乗る」という結論に至った。



【スポンサード リンク】


2014092001


まず、私の乗っている平成14年車には、そもそも価格がつかないらしい。

あれ? 2年前に中古で買ったときは40万円もしたのに。

あれ? 加入している自動車保険の車両価格は45万円になっているのに。


そんな素朴な疑問にも、担当の方は懇切丁寧に教えてくれた。

この年代の車は、タダ同然でオークションに出すか、海外に持っていくかのどちらかで、海外からの引き合いがある時だけ、少し値がつくらしい。

中古の値段には、整備などの諸経費+利益が載っていて、それだけで40万ぐらいするんだって。

だから、40万円で売っている車って、価値がないのとイコールなのだ。

安易に等価交換をイメージしていた自分が、とんでもなく甘かった。


もっとも、今の車も来年6月に車検を迎える。

セミリタイア生活の主な移動手段は、基本的に自転車でいいと思ってるから、車検代を払ってまで乗り続けようとは思わない。

ただ当面は、新生活の準備のためにあった方が便利なので、今すぐ手放すつもりもない。

よって、今の車の使用期限は、来年6月ということになりそうだ。


1円の利益にもならないにもかかわらず、私の知らない業界の常識をたくさん教えてもらった。

ガリバーの担当の方、ありがとう!

この仕事への情熱を感じましたよ。


知らずに買うと損をする。中古車選びの裏の裏!
知らずに買うと損をする。中古車選びの裏の裏!木元秀典

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング